衆院東京10区補選。とりあえず、大きな山は乗り越えたのかしら

2016年10月17日 06:00
若狭@161016

若狭勝氏のFacebookより引用(編集部)

昨日、池袋で自民党安倍総裁、公明党山口代表、小池東京都知事3人揃っての街頭演説会が開催された。

その前座を務めた東京都連主催の事前街頭演説会を含めて、小池知事や小池知事の支持者の皆さんと、自民党、公明党の都議会議員、区議会議員やその支持者の方々が、全員揃って若狭候補の当選に向けて力を合わせているような外観が出来たはずだから、まず成功である。

皆さん、大人である。

よくこれだけの人を集めることが出来たなあ、と思わず感嘆の声を上げる程に演説会場が聴衆や通行人で溢れかえっていた。

あちらこちらから百合子コールが沸き起こった小池選挙ほどの熱狂はないが、ほとんどの聴衆が事前街頭演説会の最初から安倍自民党総裁の演説が終了する最後まで殆ど身じろぎもしないで、応援弁士の方々の演説に熱心に耳を傾けていた。

手堅いな、という印象である。

今日の街頭演説会は、自民党の東京都連や党本部がすべてを仕切ったかのような外観が出来ていたが、実は裏方は全部7人の士が仕切っていた。

こういう晴れ舞台になると、俺が俺が、と表に登場したくなるものだが、7人の士は裏方の実行部隊に徹していた。

多分、これがいいのだと思う。
知る人ぞ知る、知らない人は知らない、という話である。

そろそろドッと疲れが出てもおかしくない頃である。

この辺りで一息抜くのも悪くない。


編集部より:この記事は、弁護士・元衆議院議員、早川忠孝氏のブログ 2016年10月16日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は早川氏の公式ブログ「早川忠孝の一念発起・日々新たに」をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑