【映画評】マリアンヌ

2017年02月11日 06:00
ALLIED-VERTRAUTE FREMD

1942年、カサブランカ。極秘諜報員のマックスとフランス軍のレジスタンスのマリアンヌは、ドイツ大使を殺害する重大な任務につく。敵の目を欺くために夫婦を装った二人は、危険な任務を通して親密になり、その後、ロンドンで再会。強く惹かれ合った二人は結婚し、子どもも生まれて穏やかな家庭を築く。だが、マリアンヌは愛するマックスにも打ち明けられない大きな秘密を抱えていた…。

戦時下で運命的に出会った男女の過酷な運命を描くラブ・ストーリー「マリアンヌ」。美男美女が演じる情熱的な愛から、後半は一転、愛する妻への疑惑をはらすために苦悩する心理サスペンスへと転じる。ブラッド・ピットといえば、最近では、映画そのものより私生活のスキャンダルが大きすぎた感があるが、本作では、戦争が恋を生み、同じ戦争が愛を奪おうとする物語をダンディーかつセクシーに演じて存在感を示している。デビュー時には外見の良さばかりが注目され、その後はあえて“汚れ役”を選んで出演していた時期もあったブラピだが、50歳を過ぎて、こんな美男美女でなければ成立しない映画に堂々と出演するところをみると、いろいろな意味で一皮むけたのかもしれない。無論、国際的に活躍するオスカー女優のコティヤールの知的な美しさもまた絶品で、特に、40年代のクラシックな衣装に身を包んだ様は、「カサブランカ」のイングリッド・バーグマンを彷彿とさせる。妻マリアンヌに向けられた二重スパイの疑惑は、やがて、自分への愛さえも偽りだったのか?という疑いへと転じてしまう。その結末は、涙を誘うものだ。サスペンス・タッチではあるが、本作は王道のメロドラマ。だがその根底にある反戦のメッセージを見逃してほしくない。
【65点】
(原題「ALLIED」)
(アメリカ/ロバート・ゼメキス監督/ブラッド・ピット、マリオン・コティヤール、リジー・キャプラン、他)
(メロドラマ度:★★★★☆)


この記事は、映画ライター渡まち子氏のブログ「映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評」2017年2月10日の記事を転載させていただきました(アイキャッチ画像は公式Facebookページから)。オリジナル原稿をお読みになりたい方はこちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑