人生100年時代の制度設計 特命委員会が発足

2017年04月14日 06:00

昨日「人生100年時代の制度設計特命委員会」が設置されました。

「こども保険」や「勤労者皆社会保険制度」など、これまで「2020年以降の経済財政構想小委員会」(2020小委)では、小泉進次郎委員長代行のもと提言やメッセージを下記のように取りまとめ発信してきました。

■2020小委員会
https://fumiaki-kobayashi.jp/2016/02/05/16-39-51/

■こども保険
https://fumiaki-kobayashi.jp/2017/03/30/09-08-12/

■こども保険Q&A
https://fumiaki-kobayashi.jp/2017/04/07/11-29-02/

■勤労者会社会保険制度
https://fumiaki-kobayashi.jp/2016/10/27/18-12-05/

これらの提言は、一昨年末の年金受給者への3万円の給付に対する問題意識からスタートし、将来に向けて責任ある社会保障制度を構築するべく議論を尽くし、まとめ上げたものです。

今日、これらの提言を具体的制度として実現するための場を茂木政調会長のリーダーシップにより設置いただきました。

なお、通常、特命委員会は政調会長の考える重要政策を議論する場として設置されるものです。今回のように若手議員の提言を元にボトムアップで特命委員会が設置されることは自民党の政策決定のイノベーションが起こったと言ってもいいと考えています。

提言が言いっ放しに終わらないよう、これからは「人生100年時代の制度設計特命委員会」事務局長代理として、提言を具体的制度として実現すべく取り組んでいきます。

【メンバー】

委員長  茂木敏充(政務調査会長)
顧問   園田博之・塩谷立・林芳正
副委員長 石田真敏 後藤田正純 河野太郎
柴山昌彦 田村憲久 三ッ矢憲生
有村治子 長谷川岳 福岡資麿

幹事長 後藤茂之(政調事務局長)
幹事  木原誠二 白須賀貴樹 鈴木馨祐
鈴木隼人 福田達夫 山下貴司
大沼みずほ 佐藤啓 滝波宏文
吉川ゆうみ

事務局長 小泉進次郎
事務局長代理 村井英樹 小林史明 山下雄平

【設立趣旨】

○ これまで「2020年以降の経済財政構想小委員会」(以降、小委員会)では、2020年以降を日本の第二創業期と位置付け、人口減少と人生100年時代を前提に議論し、

・『レールからの解放』(2020年以降に思い描く経済社会構造やライフスタイル等についてまとめた総論的なもの)

・『人生100年時代の社会保障へ』

・『こども保険の導入』

などの提言をまとめ、その都度「財政再建に関する特命委員会」に報告してきたところである。

○ 今般、小委員会が行ってきた提案の具体的な検討に向け、政調会長のリーダーシップの下、本特命委員会が設置されることとなった。

○ 今後、本特命委員会では、人生100年時代を見据え、社会保障・教育をはじめとした諸制度についてのあるべき姿を実現すべく、これまで小委員会で議論されてきたテーマ・理念に沿って、制度設計に向けた議論を行う。


編集部より:この記事は、衆議院議員・小林史明氏(自由民主党、広島7区選出)のオフィシャルブログ 2017年4月13日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は小林ふみあきオフィシャルブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
小林 史明
総務政務官、衆議院議員(広島7区、自民党)

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑