iPhone発表会という光景

2017年09月13日 16:00

朝起きたら、新しいiPhoneが登場していた。iPhone XとiPhone8/8 Plusか。前者が「未来をその手に。」で、後者が「新世代のiPhone」というコピー。何かこう、時空が歪んだようで混乱してしまった。

毎年、この時期になると、iPhoneの目新しさ問題と、ジョブズ後のAppleみたいな話で盛り上がるのだが、まあ、普通に楽しめばいいんじゃないの、という感じ。そもそも論で、iPhoneの目新しさなるものは、次期iOSの目新しさと、次期ハードの目新しさに分解され。さらには、Apple製品全体の構想みたいな話があるわけで。もうずっと、iOSは6月、次期ハードは9月に発表されているので、目新しさは分解されている。もちろん、アンドロイド系のスマホや、他のハードですでに導入されている技術もあるから「ふーん」とか「やっとAppleもおいついたか」的な話になるのだけど、これもiPhone単体で見るのと、Appleの製品群の中で見るのでは話が違ってきており。

個人的には十分目新しいし、欲しいし、クールだと思った次第だ。まあ、昨年、ゲットしたiPhone7 Plusを相当、気に入っているので、Xにするかどうか、ちょっと悩んでいるのだけど。なんせ、iPad Proの10.5インチが優秀すぎてそれに夢中。あ、やっとiOSがやってくるんだ。ますます進化するじゃないか。そして、AppleTVは勉強のために買おう。

最近はネタバレも多いけど、その答あわせ的な楽しさもあると思い。

というわけで、目新しさマウンティングはどうでもよくて。全体考えようぜってこと。

そんな中、ゼミの同期がXperiaの新機種を発表していて。漢だと思ったよ。そうか、統括部長なんだ。

狭額縁化やデュアルカメラには追随しない? Xperia新機種の狙いを聞く (1/2) – ITmedia Mobile 

さ、いい感じにツールが揃ってきたので、仕事しますかね。


編集部より:この記事は常見陽平氏のブログ「陽平ドットコム~試みの水平線~」2017年9月13日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は、こちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
常見 陽平
千葉商科大学国際教養学部専任講師

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑