新鉄客商売『本気になって何が悪い』

2017年11月14日 11:30

「30年前に国鉄が民営化された時は、JR九州が上場できるなんてほとんど誰も思っていなかったはずです。なぜ上場できたのですか?」

鹿児島県長島町の副町長(地方創生担当)をしていた時、JR九州本社で元社長に直接聞いたことがある。

「井上さん、トップがビジョンを語り続けることです。あの手、この手で。私は何度も九州を回りました。」

その言葉は、僕の心の拠り所の一つになった。
くじけそうなとき、壁にぶつかったとき、よく思い出した。

_SX335_BO1,204,203,200_

唐池浩二・JR九州会長の新刊『本気になって何が悪い』には、トップがビジョンを語り続けること、声やユニフォーム、演出など人をその気にさせる工夫が、豊富な経験談に基づいて、軽妙洒脱に書かれている。

中でも印象的なのは、こちら。

ひとつの夢がかなうということは、その夢が夢でなくなるということ。次なる夢を描かなければ組織は停滞してしまう。夢があるから、組織や人は進むべき方向を見失わない。方向が見えていると「気」が満ち溢れてくる。逆に、夢がなくなると「気」も集まってこない。(155ページ)

IMG_5977

(東京時代から愛用している赤坂うまやの名物「楽屋飯」。お店には、「気」が満ち溢れている。)

京大柔道部出身の唐池さんからの、「相手の懐に飛び込む感覚」も、柔道家の僕にとって、とてもしっくりきました。

これは、お勧め!

もっと知りたい!
唐池恒二さんの『鉄客商売 JR九州大躍進の極意』で改めて感じた「コンセプト」と「ネーミング」の重要性

4eb2faa6[2]

<井上貴至 プロフィール>

<井上貴至の働き方・公私一致>
東京大学校友会ニュース「社会課題に挑戦する卒業生たち
学生・卒業生への熱いメッセージです!

<井上貴至の提言>
間抜けな行政に、旬の秋刀魚を!


編集部より:この記事は、井上貴至氏のブログ 2017年11月14日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は井上氏のブログ『井上貴至の地域づくりは楽しい』をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
井上 貴至
前鹿児島県長島町副町長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑