退位礼正殿の儀における天皇陛下のおことばを拝聴して

2019年04月30日 19:00

天皇陛下におかれては、三十年にわたり、いついかなる時も国民と苦楽を共にされ、国の安寧と国民の幸せを願ってこられました。また、退位礼正殿の儀では、国民に向けて愛情あふれる感謝の意を述べらました。最後の瞬間まで国民に寄り添わんとする天皇陛下の御心に、深い敬愛と感謝の念を禁じ得ません。

NHKニュースより:編集部

また、日本国憲法に定める象徴としての務めが何であるかを身をもってお示しになり、そのことを国民が信頼と敬愛をもって受け入れていますが、ここに至る過程において、天皇皇后両陛下が果たされた御尽力に思いを致すとき、改めて尊崇の念がこみ上げてきます。

これまでの天皇陛下の歩みと思いを胸に刻みながら、平和で実りある日本の未来を作り上げるため最善の努力を尽くすことをお誓い申し上げます。改めて、天皇皇后両陛下の御健勝と皇室の弥栄を御祈り申し上げます。


編集部より:この記事は、国民民主党代表、衆議院議員・玉木雄一郎氏(香川2区)の公式ブログ 2019年4月30日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方はたまき雄一郎ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
玉木 雄一郎
衆議院議員(香川2区、国民民主党代表)

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑