大津事故:保育園の記者会見で巻き起こるメディア非難

2019年05月09日 07:01

保育園児13人と保育士3人が巻き込まれ、2歳の園児2人が死亡した大津市の事故。事故当時8日の夕方に、レイモンド淡海保育園の若松ひろみ園長らが記者会見を行なったが、泣き崩れる園長らへの質問内容などから、ネット上では、メディアへの非難が巻き起こり、今後の事件事故取材に社会的議論を呼ぶ可能性もある。

アゴラ執筆陣では、病児保育などを行う認定NPO法人フローレンスの駒崎弘樹代表理事が、生中継の最中から記者会見の必要性があったのかツイッターで疑問を投稿。

他にも著名人から続々と批判や疑問の声も。
タレントのつるの剛士さんは「記者からの質問攻め、見てられない」とツイート。


漫画家の二ノ宮知子さんのツイートは「防ぎようもない事故」だったとして会見の意味そのものに疑問を呈した。

また、タレントのフィフィさんは「記者会見を求める風潮を見直す必要があるんじゃないか?」と指摘した。


ネット民から個別のメディア名をあげて批判する意見もでた。特に園長が号泣するきっかけとなった産経新聞記者には厳しい意見だった。

変わらないに決まってるだろ。その質問で園長涙腺崩壊。→記者会見の短縮決定
園長のメンタルを攻撃する質問をする産経新聞の記者、まじでバカだろ。

記者会見見たけど、質問する記者は何か保育園に問題があるとでも言いたいの?と腹が立つ。てか園が会見する必要ないよね?

メディア関係者からも様々な意見が上がった。

アゴラ編集長の新田哲史は「不祥事の会見と違って園側に無理させる必要はなかったと思う」と指摘。


ハフポストの元副編集長、笹川かおり氏は近年のスマホニュースの速報サービスが記者会見を過熱させているとの見方を示した。

ツイッターには一時、マスコミを揶揄する「マスゴミ」がトレンドワード入り。ツイッター社も、高まる「世論」の動きを見て「モーメント」機能に『「保育園側の記者会見は必要?」疑問の声 大津市の園児2人死亡事故』をいち早く設定するなど素早い対応を見せた。

ツイッターより

また、事故当夜のAbemaTV「AbemaPrime」は、記者会見のあり方を含めた出演者の議論を早速行った。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑