衝撃の暴露会見:宮迫氏、田村亮氏「吉本社長が会見したらクビ」

2019年07月20日 17:00

吉本興業所属のタレントが、会社を通さない「闇営業」で反社会的勢力のパーティーに出席していた問題で、同社から契約を解除された「雨上がり決死隊」の宮迫博之さん、「ロンドンブーツ1号、2号」の田村亮さんが20日、東京都内で記者会見した。

NHKニュースより

宮迫氏は「詐欺の被害に遭われた被害者の方々に、とんでもない不快なつらい思いをさせてしまった」と謝罪した上で、あらかじめ謝罪会見を吉本側に申し出た際に、吉本興業の岡本昭彦社長から「1人で会見したらいい。(会見を開いたら)全員首にするからな」と言われたことを明らかにした(参照:日経新聞)。

宮迫さんと田村さんはこの日午前、ツイッターで記者会見を行うことを明らかにしていたが、これは吉本興業が関知したものではなく、異変が指摘されていた。

記者会見は午後3時からNHKニュースやAbemaTVなどで生中継され、ネット上は著名人も含めて大きな反響を呼んだ。

マーケティングの専門家、徳力基彦氏は「これは謝罪会見じゃないな。 暴露会見だ。 宮迫の表情がどうしても、コントに見えてしまうのはあるんだけど、 それを置いといても、凄まじい暴露。 こんな生々しく名指しで背景を暴露するとは。 民放が全く中継してないからおかしいなと思ったんだけど、そういうことか。。。」と指摘。

キャスター・ジャーナリストの堀潤氏は移動中に中継を見ながら連続ツイート。「今年は大きな芸能事務所の膿を出し切る年に。宮迫さん、亮さんは何度も何度も頭を下げながら、謝罪を繰り返し、一方で「社長から会見開くなら全員クビ」など吉本興業の経営側から圧力をかけられてきた不条理な実態を告発」などと伝えた。

また、田村さんが、吉本側から「在京5社、在阪5社のテレビ局は吉本の株主だから大丈夫や」という発言があったことも明らかにされたことも衝撃を大きくしている。津田大介氏はツイッターで「地上波テレビは報じられないぞこれ」と指摘。

ツイッターでも一般の人たちからは

吉本の暴露会見だね。宮迫さん頑張れ。契約解消知らずに会見した亮さん頑張れ!大手芸能事務所は同じだね。ジャニーズ事務所と変わらない。

笑いの吉本 関西のみならず日本のお笑いを支えた会社だと思うけど、超超ブラック企業でもある。まともな報酬払わなければ、いつ首になるか判らないのに闇営業が消えるわけない。実際ワンコイン以下の出演料とかお笑いネタにならない事を平気で公言するなんて、会社自体潰れた方が良いと思う。

よくここまで言いましたね…。ここに関しては、かなり評価出来ます。なかなか言えることではないですよ。

吉本興業側への不信感と、事実を正直に述べた宮迫さんたちにエールを送る意見が目立った。

今回の会見を受けて、今夜以降の吉本側の対応が注目される。ジャーナリストの渡邉正裕氏はツイッターで、芸能リポーターらが吉本に忖度していると手厳しく指摘し、「岡本社長は会見せざるをえないね、これで」と述べていた。

芸能人の権利擁護で活動している佐藤大和弁護士は「記者会見において宮迫さんが吉本興業の社長の言動や吉本興業側の姿勢や問題について言及しましたね。社長の発言等がもし真実であれば、芸能人の権利や芸能活動を妨害する発言であり、事務所側に大きな問題があるといえます。これは重大な問題です。」と述べた上で、「事務所側も事務所側の弁護士も、所属するタレントに圧力をかけたり、強い不信感を抱かせたりする対応をするのは、理不尽な対応であり、彼らの今後の芸能人生を考えていない対応といえます。」と指摘していた。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑