藤田孝典にがっかり:男らしさなんて要らない。そんな闘い方では社会が壊れる

2019年10月03日 14:00

藤田孝典にはがっかりである。傲岸、野蛮そのものではないか。

藤田孝典氏ツイッターより:編集部

藤田孝典が田端信太郎に発した「男を見せろ」の問題とその後の対応 – Togetter

「闘わなければ社会は壊れる」というけれど、そんな戦い方ではみんなが壊れる。カラオケで男闘呼組の「TIME ZONE」でも歌っていなさい。

ひたすら絶句するだけだが。「男らしさ」はすでに10年以上前から、セクハラである。男らしさ、女らしさなるものを強要してはいけない。

そして、まさにその「男らしさ」なるものに、市民は苦しんでいることを直視しなくてはならない。そんなものは時代によって変化するし。ときに人を苦しめるものである。

この本でも警鐘を乱打したが・・・。いま、必要なのは、男らしさでも、女らしさでもなく、人間らしさである。健康で文化的な最低限度の生活をまず実現したいし、嘘と差別と暴力に苦しまない社会を断固として創造したい。

2019-10-01 06.42.04

男らしさなんて、まっぴらごめんなのだ。重いコンダラをひかなくても、盗んだバイクで走り出さなくても、海賊王を目指さなくてもいいのだ。


編集部より:この記事は常見陽平氏のブログ「陽平ドットコム~試みの水平線~」2019年10月3日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は、こちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
常見 陽平
千葉商科大学国際教養学部専任講師

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑