名犬チロリ『日本初のセラピードッグになった捨て犬の物語』

2019年11月16日 14:00

東銀座・歌舞伎座の隣、築地川銀座公園に、立派な犬の像があります。

日本で初めてセラピードッグになったチロリの親子の像です。

飼い主にいじめられ、5匹の子犬とともに団地に捨てられていたチロリ。足が悪くなっても、子犬を一生懸命に育てます。

団地の子供たちに、汚い小屋で秘密に飼われていましたが、ばれてしまい保健センターへ。あわや殺処分というところを間一髪助けられて、素質を見出されて、トレーニングを受けて、日本初のセラピー犬へ。

病気で苦しむ人、人生に希望を見出せない人…にずーっと、アイコンタクトを続けます。ついに人の心を動かしていきます。

生きる力、生きる喜びを強く感じる本、お勧めです。

もう少し知りたい!

夏休みに読みたい一冊『命を救われた捨て犬 夢之丞」

<井上貴至 プロフィール>


編集部より:この記事は、井上貴至氏のブログ 2019年11月16日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は井上氏のブログ『井上貴至の地域づくりは楽しい』をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
井上 貴至
前鹿児島県長島町副町長

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑