新型コロナウイルスは根絶できるの?

2020年05月05日 20:05

いつまでも同じようなコメントが来るので、こども版で書いてみました。新型コロナウイルスを根絶することはできるんでしょうか?

根絶というのはグーグル先生によると「根本から完全になくすこと」なので、普通に考えるとウイルスをゼロにするということですね。でもウイルスは1人の体の中に何兆個もいるので、地球上からゼロにすることは絶対できません。人類が根絶したウイルスは歴史上、天然痘ぐらいしかありません。

では新規感染者をゼロにするという目標はどうでしょうか? これはワイドショーにいつも出てくる累計の感染者ではなく、毎日あらたに発生する感染者の数なので、世の中から感染者をゼロにするという意味ではありません。

「新規感染者ゼロ」には意味がない

新型コロナは感染から2週間たっても症状が出なければ免疫ができたと判断されますが、それは体の中からウイルスがなくなったという意味ではありません。

発熱やせきなどの風邪の症状は、ウイルスという異物(抗原)が入ってきたとき、免疫細胞がそれと戦っている状態ですが、それが終わっても敵は全滅しているとは限りません。ウイルスに感染した人の体にはウイルスが残っているのです

ヤクルト中央研究所ホームページより

白血球の中には抗体と呼ばれるタンパク質があり、ウイルスが入ってくると、それと結合して免疫細胞が攻撃しやすい形にしますが、このとき抗原を殺す必要はありません。体内にウイルスが残っても、それが無害であればいいのです。

人体の中には数兆個の細菌やウイルスがいます。その大部分は無害なので、人間はこういう微生物と共生しています。新規感染者をゼロにしても、既存の感染者の99%以上は症状が出ないので、こういう人はウイルスを培養しているようなものです。

この抗体をつくるのがワクチンですが、今のところ新型コロナウイルスにきくワクチンはないので、人体の中で抗体ができるのを待つしかありません。

ペストを根絶するにはペスト菌を媒介するネズミを駆除すればよく、マラリアを根絶するには蚊を駆除すればいいのですが、人から人に感染するコロナウイルスを根絶するには、人間を駆除するしかありません。

もちろんそんなことはできないので、新規感染者数をゼロにしても人々の体の中にウイルスは残り、気をゆるめるとまた他人にうつります。だから「新規感染者ゼロ」というのは意味がないのです。

ロックダウンは永久に続けるしかない

ではロックダウンでウイルスを封じ込めるというのはどうでしょうか?

「中途半端に自粛するより徹底的なロックダウンで封じ込めれば経済も回復する」という人がいますが、これは錯覚です。ロックダウン(都市封鎖)というと何か意味のあることをやっているようですが、外出を禁止して他人に風邪をうつさないようにしているだけで、ウイルスを殺しているわけではありません。

ウイルスは体の中に残ったままなので、「封じ込め」をやめて開封するとまた出てきます。日本でも北海道では2月に新型コロナの感染が広がり、外出規制で収まりましたが、3月に規制を緩和するとまた出てきました。それは体の中でウイルスが培養されているからです。

ロックダウンは時間稼ぎの意味はあります。夏になるとウイルスが消えるならいいのですが、新型コロナウイルスは熱帯の暑い国でも感染しているので、あまり期待できません。封じ込めはウイルスが消えないかぎり永久に続けるしかないのです

それでも必要なら、みんなが協力して我慢したほうがいいでしょう。アメリカのように毎日2000人も死んでいる状況では、病院がパンクして普通なら生きていける人も死んでしまうので、そのピークをなだらかにするために、一時的にはロックダウンも必要です。

でも日本の新型コロナ死者は全部で約500人。死亡率はアメリカやヨーロッパの100分の1以下です。人工呼吸器は1万5000台あるので、病院の設備が足りなくてが死ぬ人はほとんどいません。

要するにウイルスを根絶することはできないし、その必要もないのです。今のように全国民に我慢させてお店がつぶれる状態はながく続けられません。免疫力の弱ったお年寄りや持病をもつ人の外出だけを制限し、他の人は普通の生活に戻った方がいいと思います。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
池田 信夫
アゴラ研究所所長(学術博士)

過去の記事

ページの先頭に戻る↑