リアルタイムWebのメタデータとしてのTwitter

2009年05月08日 23:31

Twitterとは140文字限定の短いコンテンツをやりとりするマイクロメッセージングサービスです。トンマナがBlogに近いことからミニブログとかマイクロブログとも呼ばれていますが、Blogとは違い、一つの業者が独自のフォーマットで提供するサービスであり、むしろFacebookなどの欧米型のSNSに近いと言えるでしょう。

このTwitterが爆発的にトラフィックを伸ばしている理由はたくさんありますが、今日は技術的な要素の面から触れてみたいと思います。

TwitterはBlogと違いタイトルを書く必要がなく、いきなり140文字という短い投稿をします。だからあまり小難しいことは書けず、それがかえってモノを書くということに対する心理的障壁を外すことに成功しています。だから、まさしく頭に浮かんだことやみたことを、さくっと書き込める。それがTwitterをリアルタイムなメッセージングシステムにしているのです。

そして、その簡便さが、いま世界で何が起きているのか、という情報を、BlogやSNS、いやありとあらゆるニュースメディアよりも早く、Webに写しこむことに成功しているのです。

つまり、リアルの世界で起きていることを、(140文字 x 世界中の人が)非常に短いタイムラグの中で、デジタル化、Web化していくためのインターフェイスにTwitterはなりつつある。

さらに、Twitterの140文字という短い情報の中に、より多くの、より具体的な、より再利用しやすいデータを埋め込むための(マイクロフォーマット的な)工夫が次々と作られています。
 現在使われているのは、L:場所(=位置情報)、#○○(=タグ)、@アカウント(=特定メンバーへのメッセージ)、という工夫と約束です。

BlogとBlog検索、あるいはフィード検索が担おうとしてきたこと。
それがリアルの情報をWebにできるだけ早く置くことと、そしてそれをすぐに共有することでした。
ところがブロゴスフィアがもたもたしている間に、TwitterとTwitterサーチがその役割を担いつつあります。いまやTwitterは世界最大のメタデータフォーマットでありメタデータ検索サービスに最も近い存在なのです。

これがGoogleやFacebookなどが(もしかしたらAppleも?) Twitterを欲しがる理由であり、メディアやVCが注目する理由であると考えています。
 

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑