新型コロナはこわい病気なの?

▲新型コロナウイルス(covid-19)AGES公式サイトから

新型コロナの「第3波」が来たとマスコミが騒いでいます。政府はGoToを見直したりして、また自粛が強化されそうですが、本当に大変なことになってるんでしょうか。

Q. 死者が2000人を超えたと騒がれてますが、本当ですか?

本当です。NHKの調べではまだ1988人ですが、クルーズ船「ダイヤモンドプリンセス」の14人を加えると累計で2002人です。いずれ2000人を超えるのは時間の問題だったので、この数字には意味がありません。

Q. 毎日の死者は増えてるんですか?

減っています。22日の死者は7人で、ピークの21人から減り、ここ1ヶ月をみても以前と比べて増えているわけではありません。

NHKまとめ

Q. 毎日の感染者数は増えているのではありませんか?

冬になると風邪がはやるのは毎年のことです。「新規感染者数」は5日続けて2000人を超えましたが、この全員が患者ではなく、無症状の人もかなり含まれています。PCR検査の感度がよすぎて、症状のない人までカウントしてるんでしょう。

Q. これから死者も増えるのではありませんか?

死者は患者が増えた2週間後から増えるので、12月になると増えるかもしれません。警戒はしたほうがいいと思います。

Q. コロナの患者が増えると医療が崩壊するんでしょうか?

今のところ、その心配はありません。全国の対策病床数は5万以上あり、次の図のようにその35%程度が埋まっているだけです。北海道や東京など使用率が半分を超えている地域もありますが、これは無症状や軽症の人を帰宅させれば解決します。今はコロナが最優先で命にかかわる手術が後回しにされるケースもあり、本末転倒です。

Q. 重症患者は増えてるんですか?

人工呼吸器をつける患者は増えていますが、全国で239件。全国には人工呼吸器が約4万5000台あるので、心配ありません。医療スタッフは不足していますが、これはコロナを指定感染症として特別扱いするので必要以上の要員がとられているためです。

Q. インフルエンザははやってるんですか?

まだ全国で患者が100人程度です。コロナ系の風邪がはやるシーズンはインフルエンザははやらないといわれ、昨シーズンも年明けからインフルは減りました。しかし次の図のように2018~9年のシーズンには1000万人以上が感染し、1万人ぐらい亡くなりました。コロナの死者はその1/5です。

週ごとのインフルエンザ患者数の推移(感染症・予防接種ナビより)

Q. GoToは中止したほうがいいんでしょうか?

政府が接触をひかえるように呼びかける一方で接触に補助金を出すのは、ブレーキとアクセルを一緒に踏んでいるようなもので、おかしいですね。経済が大幅に落ち込んでいるので対策は必要ですが、直接給付のような感染に中立な経済対策に変えたほうがいいと思います。

Q. コロナはこわい病気でしょうか?

インフルエンザの致死率(死者数÷患者数)は0.1%ぐらいですが、コロナは感染者数が約13万人で死者2000人なので致死率は1.5%。インフルよりはこわい病気ですが、死者のほとんどはもともと病気だったお年寄りなので、よい子のみなさんが心配する必要はありません。

コロナは日本では指定感染症として警戒態勢をとるような特別の病気ではないので、指定をはずして医療現場の負担を軽減すべきです。経済が止まって倒産や失業で自殺する人はコロナの死者よりはるかに多いので、お店の休業要請のような自粛をやめて経済を正常化することが最大の経済対策です。