「桜を見る会」安倍前首相への事情聴取要請、なぜ「今」なのか

2020年12月12日 06:00

田原総一朗です。

国会が閉会した。

安倍前首相の後援会が、「桜を見る会」前日に主催した夕食会を巡り、ここに来て動きがあわただしくなっている。
ホテルで開かれた夕食会は、出席者の会費が5000円。夕食会費用には明らかに足りず、その分を安倍前首相側が補填したとされている。政治資金規正法違反であり、安倍前首相の秘書が、起訴される見通しだ。

しかし、「秘書がやった」では通用しない。
安倍前首相も知っていたはずだと、多くの国民は考えるだろう。
東京地検特捜部は、安倍前首相に任意での事情聴取を求めている。

僕も「桜を見る会」については、おおいに疑問があるし、捜査が進むのは当然だと考える。
しかし、なぜ「今」なのかという疑問がわく。

安倍前首相は持病が悪化し、8月に辞意を表明、9月に退陣した。
しかし、安倍前首相の体調はその後回復したようで、元気な様子を見せている。
となると、いくつかの媒体で、「安倍待望論」が起きていた。安倍前首相を三度目の首相に、という論である。

菅首相は、パフォーマンス下手だ。この国をどうするのか、というビジョンも見えにくいし、外交戦略もはっきりしない。
だから「安倍待望論」が起きる。そんな時期の、「安倍前首相へ任意での事情聴取」報道である。

自民党Youtube:編集部

官邸の力をもってすれば、安倍前首相への事情聴取要請は、抑えられただろう。
しかし、抑えるどころか、その情報が新聞にリークされている。
信頼できるいくつかの情報筋によれば、
「菅首相がさせたとは言わないが、官邸は事情聴取をあえて止めず、その情報を流したとしか思えない」という。

いうまでもない。
「安倍待望論」を消すためだろう。
そして、安倍前首相三選の芽が消えて、菅首相がほっとしているのは間違いない。

長年見てきたが、やはり政治の世界は、深く、そして恐ろしい。


編集部より:このブログは「田原総一朗 公式ブログ」2020年12月11日の記事を転載させていただきました。転載を快諾いただいた田原氏、田原事務所に心より感謝いたします。オリジナル原稿をお読みになりたい方は、「田原総一朗 公式ブログ」をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑