「アマギフ泥棒」で貧乏になっていく人たち

最近、投資用不動産の販売競争が激化し、「アマギフ」付与が当たり前になっているそうです。

「アマギフ」とはアマゾンギフトのことです。ショッピングサイトのアマゾンで使える商品券を営業担当者との面談特典として付与することで、各社が集客競争をしているのです。

jahcottontail143/iStock

源泉徴収票で年収の証明をして、面談さえ受ければ、物件購入しなくても、1万円から3万円程度のギフト券をもらうことができます。

中には、不動産をもともと買う気もないのにギフト券狙いで、複数社の面談を次々と受ける「アマギフ泥棒」のような人もいます。

オンラインで面接を受けるだけで、数万円もらえるわけですから、止められなくなる気持ちはわかります。しかし、不動産投資もせず、延々と面接を繰り返すのは、やめた方が良いと思います。

例えば、アマギフ狙いで10社の面談を受ければ、もらえるギフト券は30万円です。

しかし、物件購入して、金利差からの収益を得られるようにすれば、年間50万円近くの不労所得が長期的に狙えます。

長い目で見たら、どちらを選ぶべきかは明らかです。

また、買う気もないのに面談をすれば、販売会社から相手にされなくなります。アマギフ泥棒とは、要するに自分の信用を、ギフト券に交換することで安く切り売りしているだけのことです。

資産運用は持続性のある方法を続けていくことが最も重要です。目先のお小遣い稼ぎをするアマギフ泥棒には持続性はありません。結局は、アマギフ貧乏になってしまうことでしょう。

不動産投資に限らず、10年使えるお金の守り方・増やし方を学び、実践したい方は、資産設計実践会のセミナー&説明会にご参加ください。他では知ることのできない目からウロコのお金との付き合い方を、たっぷりお伝えします。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2021年4月22日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。