グリーン成長なんて幻想だ:過去に学ばぬ日本の末路は

sarayut/iStock

菅首相が昨年末にCO2を2050年までにゼロにすると宣言して以来、日本政府は「脱炭素祭り」を続けている。中心にあるのは「グリーン成長戦略」で、「経済と環境の好循環」によってグリーン成長を実現する、としている。

そして、「この戦略により、2030年で年額90兆円、2050年で年額190兆円程度の経済効果が見込まれる」としている。

だけどねえ。脱炭素というのは、安価な石炭、石油、天然ガスの使用を禁止するということだ。安価な資源を使えなければ、生活が苦しくなることは、子供でも分かることだ。

じつは日本政府はほとんど同じ事を10年前から言っている。

2009年12月30日、鳩山民主党政権は、

「2020 年に、温室効果ガスを 1990 年比で25%削減するとの目標を掲げ、あらゆる政策を総動員した「チャレンジ25」の取組を推進する。」

とした。そして、これによる経済効果は50兆円、140万人の新規雇用を生むとしている。

この後、現実に起きたことは何か。太陽光発電の大量導入をしたものの、中国勢に世界市場は制覇され、日本は電気料金が高騰して経済成長の重荷になっただけだった。

この2009年のグリーン成長戦略と、菅政権のグリーン成長戦略は、呆れるぐらいによく似ている。

また莫大な無駄遣いをして、日本経済の失われた30年を失われた40年に延ばしてしまうのだろうか。

地球温暖化のファクトフルネス