アフガン大規模爆発:混沌とするアフガニスタン情勢

アフガン爆発事件は、タリバンと対立するISの犯行だった模様です。

バイデン大統領  NHK より

バイデン大統領は強く非難をしましたが、米軍の撤退は滞りなく行うそうです。

アフガン爆発 米大統領 ISの犯行強く非難 軍の撤退は変更なし | NHKニュース
【NHK】アフガニスタンの首都カブールで起きた大規模な爆発で、アメリカ軍の兵士を含む多くの死傷者が出たことについてバイデン大統領は…

この首都カーブルの空港付近で起きた爆発で、アメリカ兵が12人が死亡し、多くのアフガン人も犠牲となりました。

自爆テロで米兵12人死亡 アフガン、計60人が犠牲か(共同通信) - Yahoo!ニュース
 【カブール、ワシントン共同】アフガニスタンの首都カブールの空港付近で起きた爆発で、米軍幹部は26日、米兵12人が死亡したと明らかにした。多くのアフガン人も犠牲となり、米メディアは合計の死者が少なく

欧州各国は任務の安全確保ができないということから、出国者のアフガン退避作戦を終了させました。

欧州各国、アフガン退避作戦終了 情勢悪化で安全確保できず - ライブドアニュース
【パリ、ベルリン、ブリュッセル共同】フランス、ドイツなど欧州各国やカナダは26日、アフガニスタンからの退避作戦終了を次々と発表した。各国はバイデン米政権に今月末の駐留米軍撤退期限の延長を求めていたが、

自衛隊の邦人救助も難航していますが、さまざまな意見が飛び交っています。

タリバンは「日本人に残ってほしい」と声明を出していますが、字義どおりに受け取ってはいけないようです。

バイデン外交の評価は厳しいものとなるかもしれません。