どうなる自民党総裁選:選択的夫婦別姓制度で分かれる立場

昨今、日本において「選択的夫婦別姓制度」の導入が叫ばれていますが、今回の自民党総裁選でも争点になっています。

岸田氏と河野氏はそれぞれ容認の立場、一方の高市氏は反対の立場です。

岸田氏が夫婦別姓導入に意欲「議論しなければ」 自民党総裁選(毎日新聞) - Yahoo!ニュース
 自民党総裁選(17日告示、29日投開票)に出馬する岸田文雄前政調会長(64)=岸田派=は15日のBS-TBS番組で、選択的夫婦別姓制度について「導入を目指して議論をすべきだ」と述べ、導入に意欲を示
河野太郎氏、同性婚と夫婦別姓に賛成「党議拘束やめて、広く議論を」 | 毎日新聞
 河野太郎行政改革担当相は16日、報道各社のグループインタビューに応じ、選択的夫婦別姓と同性婚の制度化について「いずれも賛成だ。こういう価値観が問われる問題については、国会で党議拘束をやめて、広くご議論をいただくのがいいのではないか」と述べた。

もちろん「『絆』を紡ぐ会」のあの議員は大反対のようです。

よくわからない日本の伝統論・家族の絆論にはこんな意見も。

あの党も便乗しているようです。

国のトップを選ぶ基準の争点が的外れとの意見も。

保守派の一部の人たちは夫婦別姓に強い懸念を示していますが、この問題よりも喫緊の日本のエネルギー政策や安全保障について、もっと議論を交わしてもらいたいものです。