コロナ勝ち組の流儀:尾身理事長の医療法人が補助金で大幅収益増

AERAdot.によると、尾身茂氏が理事長を務める地域医療機能推進機構(JCHO)は、コロナ対策などで給付された300億円以上の補助金で収益を大幅に増やしたとのことです。さらに有価証券の運用も130億円増加させました。その辣腕経営ぶりに注目が集まっています。

【独自】尾身理事長の医療法人がコロナ補助金などで311億円以上の収益増、有価証券運用は130億円も増加〈dot.〉
 政府の新型コロナ対策分科会会長の尾身茂氏が理事長を務める地域医療機能推進機構(JCHO)で、コロナ対策などで給付された300億円以上の補助金で収益を大幅...

一方で、尾身さんへの失望の声が。

詐欺とまでは言えないまでも、人としてはどうなのかという指摘も。

補助金を株式運用で殖やしたというのは、どれだけの手練れなのでしょうか。

勝手にやった事務方の責任だという声も。これは政治家と秘書の関係のようなものかもしれません。

有識者には、尾身氏の身にふりかかった疑惑を晴らしくれることが期待されます。

#ねえねえ尾身さんより