中国恒大、3回目の社債利払い遅延でいよいよ中国経済減速か

中国の不動産大手企業である中国恒大集団が経営危機に陥っていますが、12日に社債の利払いがふたたびできませんでした。

中国恒大、3回目の社債利払い遅延 過去3週間で
経営危機に陥っている中国の不動産大手、中国恒大集団は12日、社債の利払いを再び見送った。利払い遅延はこの3週間で3回目となる。

利払いの遅延は、ここ3週間で3回目となります。中国恒大が債務不履行となる可能性も高まっています。

中国では、他の不動産会社の債券も償還できないなど、中国の不動産会社全に問題があることが明らかになってきました。

 

海外投資家は、中国の不動産会社全体にデフォルトのリスクがあることを懸念せざるをえなくなってきています。中国の不動産業界が積み上げた債務は膨大なものとなっています。一部では世界市場への影響がでると不安視する声も出てきました。

識者は「キシダメでは滅ぶ」とどこか嬉しそうですが、そんなことを言ってる場合でしょうか。

中国恒大の問題は、うやむやにして終わらせる中国の伝統芸能だと言う指摘も。

現在の中国は、中国恒大以外にも問題が山積しています。

今こそ中国指導者の経済運営の手腕が問われます。

中国恒大集団 Wikipediaより