GE日立NE社がカナダで受注した次世代「小型モジュール炉」とは?

野北 和宏

自然循環のみで炉心を冷却できる原子炉BWRX-300

日経新聞によると、GE日立ニュークリア・エナジー社が次世代原子力の「小型モジュール炉(SMR)」をカナダのカナダ・オンタリオ・パワー・ジェネレーション(OPG)社から受注したそうです。30万キロワット級の「BWRX-300」と呼ばれる小型原子炉を4基、2022年に建設許可を申請して、2028年に一号機完成予定とのことです。

日立が小型原子炉を受注 日本勢で初、カナダ企業から

日立・GE、小型原子炉を受注 カナダで3000億円規模
日立製作所と米ゼネラル・エレクトリック(GE)の原子力合弁会社、GE日立ニュークリア・エナジーは2日、次世代原子力の「小型モジュール炉(SMR)」をカナダで受注したと発表した。日本勢の小型の商用原子炉の受注は初めて。既存の原発よりも炉が小さく、理論上は安全性が高いとされる。脱炭素の流れが強まるなか、日本の原発輸出が再開...

日立論評(Vol.102 No.02 280-281)に「日立の原子力ビジョンと新型炉開発」として、詳しいBWRX-300の内容が書いてあります。

日立の原子力ビジョンと新型炉開発:日立評論

BWRX-300は沸騰水型の原子炉で自然循環のみで炉心を冷却できる方式だそうです。今回の動画は、この日立論評の内容と、原子力発電の仕組みを大学一年生レベルで易しく解説してみます。

CO2排出もゼロ(核分裂なので)、地下に埋まった原子炉で、冷却も自然循環で電源の必要なしの超安全原子炉。もしかしたら、この小型原子炉の技術が日本の将来を救うかもしれません。