日本産婦人科医会のあきれた要望:経口中絶薬の薬価740円が10万円?

人工妊娠中絶ができる経口中絶薬について、英製薬会社ラインファーマが22日、厚生労働省に承認申請されました。海外では薬による中絶が一般的。しかし日本では認可されず、高額な手術を受ける以外選択肢はありませんでした。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211222/k10013398921000.html

承認されれば国内初の中絶薬となりますが、これに対して日本産婦人科医会は、薬の運用について手術の場合とほぼ同様の扱いとするよう厚労省に要望しています。薬自体は数百円のコストですが、約10万円の負担を要望しているようです。

経口中絶薬 NHKより

産婦人科医の中でも、10万円は取りすぎと思っている方は多いようです。

日本の中絶の施策は世界的にはかなり遅れているといいます。これを機に少しでも世界に追いつけるといいのですが。

医師会の利権に関しては、こんな厳しい声もみられます。

緊急避妊薬も薬局で買えず、経口中絶薬も病気経営のために正規の価格で販売されない、中絶の手術には男の同意が必要、追い詰められて子を死産させても逮捕、妊娠すれば退学させられ、養育費もまともに払われない。なのに性的同意年齢は未だ13歳のままで、生理用品は軽減税率なし。改めて詰んでる。

この異様さが、彼らは分からなくなってる。テクノロジーが進歩しても社会がどういう状況でも、自分らの身分と利権は永久保存されるし、されるべきだと心の底から確信してるんだろう。ある意味医療業界は恐ろしいことになってると感じた。