福岡空港の圧倒的な利便性の高さ

1泊2日で小倉と福岡に出かけてきました。小倉のお寿司がメインでしたが、北九州空港ではなく福岡空港を利用しました。

福岡空港HPより

福岡空港の方がフライトの便数が多く、空港からのアクセスが圧倒的に優れているからです。

行きは福岡空港から博多に出て、新幹線で20分足らずで小倉駅に着きました。

小倉に宿泊した翌日は、急に思い立って博多の有名なうどん屋さん「うどん平」に行くことにしました。ネットで調べると、営業開始は11時半から。

福岡空港からのフライト時刻は13時5分ですから、90分ほどしかありません。

果たして間に合うのかどうか不安を感じながら、お店に開店前に並ぶことにしました。コロナ禍のせいか行列は短く、開店と同時に入ることができ、11時50分にはお店を出て、空港に向かうことができました。

アクセスが良くコンパクトな空港には、12時10分に着いてしまい、余った時間を航空会社のラウンジで過ごすことができました。そのせいで食べてはいけない大好物のカレーパンまで、思わず手を付けてしまいました(写真)。

博多界隈からなら、フライト時刻の60分前でも、余裕で間に合うくらいの圧倒的な利便性。

このアクセスの良さは、他の都市にはない優位性です。

有能な市長の野心的な都市戦略も相まって、魅力的な街である福岡は、これからも更に成長する都市であり続けると感じました。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2022年2月6日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。