橋下徹さんが急に絶対平和主義者へ。ファンからも総バッシング

橋下徹さんが、ウクライナ出身の国際政治学者であるグレンコ・アンドリーさんとテレビ番組の生放送で繰り広げた議論が炎上しています。

橋下徹さんがウクライナ出身学者と生放送で口論…”国外退去”発言が物議「じゃあ一体誰が国を護る」「よくこんな的外れなこと言えるな」(中日スポーツ) - Yahoo!ニュース
 元大阪府知事で弁護士の橋下徹さん(52)が3日、フジテレビ系の情報番組「めざまし8」に出演。ウクライナ出身の国際政治学者を相手に生放送で繰り広げた口論にも近い熱い議論が物議を醸している。

アンドリーさんは、「ウクライナとロシア間に妥協点を作るのは難しく、戦況が有利かが結果に直結するため、国際社会の協力や支援が欠かせない」との見解を示したのに対し、橋下さんは、「その間にどれだけのウクライナの人たちが命を失うのか」と非難し、闘い続けると被害が甚大になると主張し、「プーチン大統領が高齢で長くは指導者として君臨しないとの見方を示し、積極的に国外退去を進めるべきだ」と発言しました。

言い争いとも言える状況に発展。司会のあの谷原章介さんが止める事態となりました。

橋下徹氏

ネット上では、ファン・アンチ含め批判の大合唱となっています。

「我々全員が怯み、降伏すると考える人がいるなら、その人はウクライナのことを何も知らないのだ。」これはプーチン大統領のことを言っていると思ったのですが。

専門家からはやんわりと・・・。

国際情勢には口を出さないほうがいいのではというアドバイスも。

平和ボケは橋下さんだけではないようです。

普段と立場が真逆になっているところがとても興味深いです。

維新の会への鋭いツッコミも見られます。

有事に際して本音が出てしまったのでしょうか。今後の発言に注目が集まります。グレンコ・アンドリーさんはこれに気を悪くしないで、日本からの発信を続けていただきたいと思います。