グローバルダイニング vs.東京都:「時短命令は違法」も小池都知事は敵前逃亡?

新型コロナウイルス対応の改正特別措置法に基づく営業時間の短縮命令を受けた「グローバルダイニング」が「営業の自由を保障した憲法に違反する」などとして東京都に損害賠償を求めた訴訟の判決が、東京地裁でくだされました。

「都の時短命令は違法」 賠償請求は棄却 コロナ対応で東京地裁判決:朝日新聞デジタル
 新型コロナウイルス対応の改正特別措置法に基づく営業時間の短縮命令を受けた飲食チェーン「グローバルダイニング」(東京都港区)が「営業の自由を保障した憲法に違反する」などとして東京都に損害賠償を求めた訴…

松田典浩裁判長は、都の命令について「特に必要だったとは認められない」として違法と判断しました。時短命令の是非について司法の判断が出るのは初めてで、注目が集まっていました。

ただし、このマスコミの報道姿勢には多くの疑問が見られるようです。

今回の判決を歓迎する声が多いです。

違法性の判断が一部で下されたことは大きいです。

少なくとも処分の違法性は肯定されました。

松田裁判長は、小池知事に「都知事に過失があるとまでは言えない」の述べましたが、このタイミングでの小池知事の海外出張は、敵前逃亡と取られても仕方のない行動です。

グローバルダイニングの長谷川社長、倉持弁護団長のコメントが出ています。

今後の推移が注目されます。