れいわ新選組の大石あきこ議員、国会で首相を「財務省の犬」呼ばわり

衆議院予算委員会の審議で、れいわ新選組の大石あきこ議員が、岸田総理を「鬼」「財務省の犬」などとののしり、「飼い主を間違えたらだめだ。首相の本来の飼い主は国民でないとだめだ」と付け加えました。その後、根本予算委員長に注意される場面がありました。

「この鬼」「財務省の犬」岸田総理を野党議員がののしり 委員長が注意(TBS NEWS DIG Powered by JNN) - Yahoo!ニュース
衆議院予算委員会の集中審議で野党議員が岸田総理を「鬼」「財務省の犬」などとののしり、委員長に注意される場面がありました。 れいわ新選組 大石晃子議員 「もう一度言わせていただきます。この鬼。もう一

大石あきこ議員「総理、消費税は減税しませんか?」

岸田首相「減税は考えてません。社会保障の安定財源として重要である」

とのやりとりのあとの発言でした。

岸田総理へ改めて質問をしないまま自身の持ち時間は終了し、根本委員長から「用語の使い方には十分お気を付けください」と注意を受けるという事態となりました。

れいわ新選組の大石あきこ議員が提示した犬のフリップ 予算委員会中継より

大石あきこ議員は、まだまだ言い足りない様子です。

その際、大石あきこ議員は鬼のパネルとか、かわいい犬のパネルとかを出しました。

効果的なパフォーマンスならまだいいのですが、これは支持者以外に効果はあるのでしょうか

一部の熱烈な支持者からは歓迎されるものの、野党の品性が疑われかねません

閣僚や議員を国民が飼っているという認識は途方もない勘違いだという指摘も。

岸田首相は「財務省の犬」などと言われたことについて、総裁選時に実施したライブ配信で「正直言ってなんでだろうかなと。自分自身は首を傾げている」と答えているようです。

岸田政権に正面からケンカを売った財務次官の悲惨な末路 FRIDAYデジタル

この件で、岸田政権の支持率がさらに上がらないといいのですが。