安倍元首相暗殺と無縁ではない「アベガー」たちの狂気 --- 清水 隆司

ゲストオーサー

安倍晋三元首相が、今月8日、卑劣な凶行の犠牲になり、亡くなられた。享年67。総理大臣として歴代最長の在籍期間を誇りながらテロによって落命した戦後初の首相となってしまった。このようなことは、今後二度と起こるべきではないし、起こさせてはならない、と強く思う。

安倍氏ほどある種の偏った思想を持つ人びとからの甚だしい悪意に晒された政治家は、おそらく過去に例がないだろう。安倍氏に繰り返し投げかけられた言葉や抗議活動は、批判などという穏当な意見表明ではなく、そのほとんどが誹謗中傷であり、罵倒であり、あからさまな憎悪そのものだった。著名人限定で具体的に検証してみよう。

【動画】
裏口入学なんてない
バカだからです(ちょうど3分経過から)
アベに言いたい

ざっと眺めてみただけで胸が悪くなる。「醜悪」の一語しか脳裏に浮かばない。世の中に何かを訴える前に大人として当たり前の礼節を身につけなさい、とこれらの人びとには言いたくなるが、疾うに手遅れの感が否めない気もする。

この世の良からぬことのすべては安倍氏のせいだ、と考える人たちを世間では「アベガー」と呼ぶらしい。安倍氏が非業の死を遂げて初めてアベガーたちは、自分たちの安倍氏に対する振る舞いが実行を伴わない暴力——表現による私刑(リンチ)だった、と気づいたようで、慌てて撒きちらした主張の論点をずらしたり、SNS上の汚い文言を消去したりしている。まるで証拠を隠滅するかのように。

アベガーと言われる人たちのほぼ全員がこの国の左翼陣営の人びとだ。リベラリストを自称しているが、リベラルなどではなく、「社会主義革命ごっこ」の路線を今日まで懲りもせず無邪気に継続してきた人たちとその人たちの言動に惑わされ影響を受けてしまった気の毒な全共闘後世代の集まりだ。

テロの実行犯が左翼リンチ村の住人でなかったことは、彼らにとって幸運だった。しかし、彼らアベガーはそのことに安堵して終わりにはならない。たとえばアベガー系メディアなどは早速安倍氏に対する悪辣なバッシングを再開している。喪に服す時間も惜しいのだろう。

安倍氏暗殺犯の動機が反社会的カルトへの敵意と判明した時点で、アベガーたちの攻撃性がどの方向に発動するのかは、自明のことだった。被害者とはいえ、悪質カルトと関係のあった安倍氏にも非がある、と印象を操作する。ちなみにロシアのウクライナ侵略はウクライナ側の外交に問題があったからだ、と考える人びととアベガーの構成員はかなり重複している。被害者も悪い。どっちもどっち。

安倍氏を非難するために利用できるからこそ彼らは、このカルトを執念深く取りあげ、批判しつづけるはずだ。もしや犯人の目的はそれだったのではないか? とつい考えてしまう。むろん単なる憶測にすぎない。だが、安倍氏を陰謀塗れの悪しき権力者に仕立てあげてきたアベガーたちの活躍が加害者の妄想をまったく補強しなかったと考えるのは、むしろ不自然なように思える。

安倍氏のことを手放しに支持していた訳ではない。時代錯誤的な家族観などに垣間見られる復古主義には辟易したし、目玉の経済政策アベノミクスは、今日弊害が目立ち始めている。それでもなお安倍氏を支持できたのは外交・安全保障に関して徹底したリアリストだったからだ。

地球儀俯瞰外交——この考え方自体は特別ではないのだが、冷戦時代外交・安全保障を事実上アメリカに丸投げしていた日本に主体的外交・国防意識を回復させた安倍氏の功績は大きい。オバマ元大統領による「アメリカは世界の警察官ではない」との宣言以降、政治学者イアン・ブレマーが「G0」と呼ぶ指導国なき世界にあって御し難いトランプ元大統領を手懐けて民主主義・自由主義・人権尊重という共通の価値観の基欧米を再結集させたのも安倍氏だった。

とりわけ安倍氏の提唱した「自由で開かれたインド・太平洋」という概念が日米豪印戦略対話(QUAD)に繋がったことは、中国の脅威を抑止するうえで日本にとって最大の外交的遺産となるだろう。

安倍氏の死に際し、世界各国の首脳から寄せられた弔意と称賛は偶然勝ち得た名誉ではない。安倍氏がまさに世界外交の中心にいたことの証しであり、恥辱に満ちた戦後日本がようやく終わったことの証しなのだ。それゆえ、安倍氏の国葬を進んで支持する。

アベガーの皆さんはおそらく当日も国葬に反対するデモで盛りあがるのだろう。それがごく普通の国民からどれほど反感を招くかもわからずに。そうやって自分たちだけの「正しさ」を掲げ、一般国民を遠ざけて、「国民の右傾化」などと自分たちに都合の良い言い訳を抱きしめながら、可能な限り速やかにこの国の表舞台からフェイドアウトしてほしい。没落し続けさまざまな分野で早急に立て直しが必要な日本には、アベガーたちの相手をし振りまわされている時間はもう残されていないのだ。

最後になってしまったが、安倍元首相に衷心よりお悔やみを申しあげたい。どうぞ安らかにお休みください。ご冥福をお祈りいたします。

清水 隆司
フリーライター。政治・経済などを取材。