国内中古車販売価格高騰:中古車が新車より100万円も高い!?

アゴラ編集部

国内の中古車販売価格が高騰しているそうです。新型コロナウイルス禍によるサプライチェーンの混乱から半導体不足などが発生しています。これらの部品不足によって、国内自動車メーカーが減産を行いました。その影響から新車の納車が遅れています。

中古車が新車より100万円も高値…「すぐ納車」人気、「円安」で海外バイヤーも参入
国内の中古車価格が高騰している。新型コロナウイルス禍の半導体不足などにより国内自動車メーカーが軒並み減産した影響で新車の納車が遅れ、購入希望者が中古車市場へと流れたためだ。円安で海外からの購入意欲も高まり、拍車をかけて

円安で海外からの引き合いも多くなっており、中古車の販売価格高騰に拍車をかけています。

車を探している人は、なかなかよいものを見付けられないようです。

政治系YouTuberで著名なこの方の新車は、無事納車されるのでしょうか?

新車の契約が白紙になるという異例の事態も起きています。

中古車販売の人たちはさぞ儲かっているかと思いきや、当然仕入れ値も跳ね上がっているそうです。

しかし、車が買えない理由は納期遅延ではないという分析もあります。

一方で、メーカーは自動車の利用者の減少を食い止めようと、さまざまな方策を打っています。

この車も、今はごろは高騰しているのでしょうか。

これからはもっと大事に乗りたいですね。

買おうと思えば新車が買えた頃が懐かしいです。