最終回「ちむどんどん」平均視聴率15.8%:でも歴代最低ではない!

なにかと話題のNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」の最終回が9月30日に放送されました。平均世帯視聴率は16.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でした。シリーズを通した平均視聴率は15.8%となり、放送開始時間が朝8時に変更になった2010年放送の『ゲゲゲの女房』以降の朝ドラ作品で最も低い数字となったとのことです。

「ちむどんどん」平均視聴率15・8%…前作「カムカムエヴリバディ」を1・3ポイント下回る
9月30日に最終回が放送されたNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」の視聴率(関東地区)は世帯16・7%、個人9・3%だった。初回から全125回の平均視聴率は世帯15・8%、個人8・9%だった。ビデオリサーチが3日、発表

ちむどんどん NHKより

最終回での #ちむどんどん反省会 ではやっぱり辛辣なコメントが並びました。

最終回も怒涛の展開でした。

違和感が残ったようです。

違和感が

違和感が

三浦大知さん歌う主題歌、「燦燦」はとてもいい曲でした。

ここまで叩かれた朝ドラは記憶にありませんが、歴代最低視聴率ではなかったようです。

ビデオリサーチによると、平均視聴率歴代ワースト3は以下のとおり。

1位 「ウェルかめ」 13.5% 主演:倉科カナ  2009年
2位 「つばさ」   13.8% 主演:多部未華子 2009年
3位 「瞳」     15.2% 主演:榮倉奈々  2008年

調べてみると、ちむどんどんは歴代ワースト4位ですので、数字だけ見ると歴代最低とは言えませんし、若年層というか現役世代の急速なテレビ離れを考えると、この数字だけではなんとも言えない気もします。

NHK朝ドラ 期間平均視聴率 ワースト10 ビデオリサーチより編集部作成

ちなみに、2022年の民放ドラマの視聴率ランキングは以下のとおり。

なかなかの秀作ぞろいですが、民放にしても往時の勢いはありません。連ドラ受難の時代ですね。なんやかんや言われてもキムタク主演作品が上位に食い込むところが感慨深いです。

一方、上記の朝ドラ歴代ワースト上位作品に主演されていても、押しも押されぬ活躍をされている方もいます。ちむどんどん主演の黒島結菜さんの未来は明るいとも暗いともと言えないかもしれません。

『ちむどん』朝8時“最低視聴率”を更新…歴史的不評で高まる黒島結菜への同情論「悪いのは脚本家と制作陣」(女性自身) - Yahoo!ニュース
10月3日、NHK連続テレビ小説『舞いあがれ!』の放送がスタートした。福原遥(24)演じるヒロイン・舞がパイロットになる夢を叶えていく物語。107作目の朝ドラがスタートするなか、放送終了したばかりの

制作陣ですら「水に落ちた犬」と認定されると容赦なく叩かれるのは、実に世知辛い世の中です。ただし、作品の良し悪しと視聴率は一致しないことがままあることは、いちドラマ愛好家として付け加えておきたいと思います。