何かと話題のツイッター、早くも変化の兆し!?

11月4日にイーロン・マスク氏による買収により、Twitterの従業員の約半数が解雇されたことが話題になっています。大きな混乱も生じていますが、変化も生まれているようです。

Twitter Japanの不気味なヘッダー画像

マスク氏は「ツイッターは世界に関して最も正確な情報源になる必要がある。それが私たちの使命なのだ」と意気軒昂。

ツイッター、なんでか本当に良くなったねえという声が散見されます。

みなさんのタイムラインも早速の変化がみれとれるようです。

今までのゴリ押し記事は中の人たちのたんなる推しだったのではないかという憶測も。

ツイッターの日本法人が管理するフィードも止まっており、「中の人」の安否が気になります。

ツイッター日本法人の広報部ってすごく楽しそうなところですね。

ツイッタージャパンを去った人たちのフォロワー数はあまり多くなかったようです。

社内事情もいろいろと深読みもされてしまいます。

外部からはリストラが羨ましいという声も。

今後はテック新興に人材獲得の好機と言われていますが、この状況ではどうなんでしょう。

イーロンマスクの買収と関連があるのかないのか。有識者・専門家の分析が待たれます。