新聞が報じないスーダン邦人救出事情

周辺国ジブチの国際空港に到着した航空自衛隊のC2輸送機
NHKより

在留邦人ら45人 スーダンからジブチへ 残る数人の退避に全力

在留邦人ら45人 ジブチに退避 新たに8人出国 希望の全邦人退避 | NHK
【NHK】情勢が悪化しているアフリカのスーダンから在留邦人を退避させるために派遣された自衛隊の輸送機は、スーダン国内の空港で在留邦…

スーダン脱出した45人 少ない荷物、疲れと安堵、はしゃぐ子供…

スーダン脱出した45人 少ない荷物、疲れと安堵、はしゃぐ子供… - ライブドアニュース
戦闘が続くスーダンを逃れた日本人ら45人が24日夜(日本時間25日未明)、自衛隊機で近隣国ジブチに到着した。出迎えた外交官や自衛隊員らから「お疲れさま」と声をかけられ、笑顔や安堵(あんど)の表情を見せた。

退避に自衛隊機再派遣も 出国の45人無事と副大臣

退避に自衛隊機再派遣も 出国の45人無事と副大臣 - ライブドアニュース
スーダンから退避した邦人らを乗せジブチの拠点に到着した自衛隊機=24日(共同)【ジブチ共同】アフリカ北東部スーダンに在留する邦人とその家族計45人が自衛隊機でジブチに国外退避したことを受け、武井俊輔外務

今回C-2を二機派遣したのは良かったですね。1機は予備でしょう。こういうことが自衛隊もできるようになったのはいいことです。

ニュースではあまり触れられていないようですが、今回幸いだったことは在ジプチ大塚海夫大使が元海自の提督で、国際で情報にも強い方だったことです。

さらに申せば、同様に大使館の医官も昨年まで陸自の医官で、自衛隊中央病院にいた後藤氏でした。彼は眼科医ですが戦傷医療にも長じており、米国で専門教育を受けた数少ない専門家でした。また東日本大震災では米軍との調整役になって、仙台空港などでの作戦に大きな役割を果たしました。

残念ながらこういう医官がどんどんやめているのが事実です。現在自衛隊には専門教育ができて、米軍との調整もできるという医官はほとんどいなくなりました。防衛省、各幕僚監部の衛生部首脳が当事者能力がないからです。

恐らく彼らが防衛省や外務省と緻密に連絡を取っていたと思われます。

【本日の市ヶ谷の噂】
ブッシュマスター耐地雷装甲車は壕英蘭軍など他のユーザーは●●●●を標準装備。このおかげでアフガンなどでPRGで撃たれてもクルーが生存したケースが多い。ところが陸自用が邦人輸送用に採用したものは何故かこれを外してある。このためRPGなどで被弾した輸送中の邦人は黒焦げで全滅の恐れが高い、との噂。


編集部より:この記事は、軍事ジャーナリスト、清谷信一氏のブログ 2023年4月25日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は、清谷信一公式ブログ「清谷防衛経済研究所」をご覧ください。