都知事選に出馬表明した安芸高田市長の石丸伸二氏に悪評が噴出

広島県安芸高田市の石丸伸二市長が7月に行われる東京都知事選挙に無所属で立候補する意向を表明しましたが、その評判は散々なようです。

石丸市長は、議会で居眠りする議員をXで暴露し「恥を知れ!」と発言するなど、ネット上で人気を誇る市長でしたが、任期満了に伴う次期市長選に立候補せず、東京都知事選に出馬することをを表明しました。

石丸伸二市長 安芸高田市HPより

石丸市長の安芸高田市での「実績」はなかなかに壮観です。

副市長の選定過程でもひと悶着あったそうです。

石丸市長は、日本全体の発展を目指して東京の過密問題を解消したいと述べていますが、東京のよさがわかっていないようです。

それよりも地方を救いたくて東京都知事になりたいのかもしれません。

石丸市長は政党の公認や推薦は受けないが考え方を共有できる政党からの支持は歓迎するとしています。

石丸市長は上野千鶴子先生を信奉しているそうです。

参照:上野千鶴子先生が大炎上:「日本の男に共同親権は百年早い」の?

間接的に小池百合子都知事に追い風になってしまっています。

論点をずらす所作は昔からありますが、そこからさらに暴言を投げつけるスタイルが目新しかったようです。

議論の最中に「バッジを外して出てけ」なんていう台詞はなかなか言えません。

石丸市長は許可なく都知事選出馬会見の動画をアップすることを削除するように求めています。

動画の内容を広めたくないのかもしれません。

石丸市長は、三菱UFJ銀行を経て2020年に安芸高田市長に初当選していました。