イベコン風物詩を見る ~ 東京モーターショー見聞録おまけ

2013年12月02日 12:08

IMG_5574
※高い壇上から笑顔を振りまくブリヂストンはレースキャンギャル風。

11月23日からお台場で開かれていた「東京モーターショー2013」も昨日で終わりました。入場者数は90万2800人だったそうで、前回の84万2600人を上回ったらしい。上向きムードの景気と消費増税前とあって、各社とも力を入れた展示が目を引きました。それに呼応するように、東日本大震災で万事控えめだった前回より多くの人が足を運んだ、というわけでしょう。


ところで、こうした展示会と言えば「イベントコンパニオン」です。アゴラでうさみのりや氏も「美人なねーちゃん沢山いたな~」と書いていたように「イベコンのお姉さん」たちも相変わらず存在感を示していました。モーターショーに彩りを添える女性たちはすでに2年に一度の「風物詩」。映画『007』シリーズで車とボンドガールがセットになってるみたいなもんですな。
_MG_7589
※個性的なユニフォームと品のいい雰囲気の女性をそろえたメルセデスベンツ。

展示会の会場へ製品説明などのために女性を配置する、という「風習」が始まったのは、1960年代の終わりころ、とされています。米国では彼女たちを「booth babe(ブースの女の子)」と呼ぶんだが、どうやら1967年にニューヨークで開かれた展示会に出現したのが始まりらしい。すでに1969年には、展示会場でチラシを配る女性を手配する仕事があったそうです。日本では1970年の大阪万博で、そろいのユニフォームを身にまとった女性たちがメディアを賑わせて話題になりました。
_MG_7699
※青いユニフォームが印象的なBMWは、パッと目を引く雰囲気の女性が多い。

米国で「booth babe」という言葉が辞書に載ったのが1986年頃、というわけで、1980年代に入ると彼女たちは展示会に欠かせない存在として認知されるようになります。万博などのコンパニオンは語学も必要とされ、かなり専門性の高い職種だったんだが、展示会もさまざまなものが企画され、次第にバイト感覚でやる女性も増えてくるようになる。それにつれ、ナレーションで司会進行したり、展示や製品の説明をする専門職と、簡単な研修後に展示場で花を添えるのが主な女性、というように役割分担していくようになります。
_MG_7606
※市販で1億5000万円を超えるイタリア、パガーニ・アウトモビリ「ウアイラ」日本仕様とコラボしたカーオーディオの「BEWITH」のお二人。

また同時に、イベントコンパニオンの衣装は、より刺激的に過激になっていきます。展示場でその「露出度」を競うようになったのは、1980年代終わりから1990年代初めころだったでしょうか。ちょうどバブル期です。来場者の「目の保養」のため、どんどんユニフォームの布地面積が少なくなっていき、当然のごとくそれに対する反動が起きる。折からの性差別論争もあり、また世界的に先進各国で景気が減退していったせいもあり、さらにデジカメ化による「カメラ小僧」の跳梁跋扈もあり、イベントコンパニオンの衣装も一部のマニア向けの展示会以外では次第に「おとなしく平凡」な存在になっていきます。
_MG_7654
※いすゞがタイで生産するパッセンジャーピックアップビークル「mu-X」(海外販売、参考出展)とゴージャスなコンパニオン。

ただ、日本だけではなく、世界的にみてもイベントコンパニオンたちは依然として展示会には欠かせません。とりわけ、世界各地で開かれているモーターショーでは、その地元の女性たちが華を競っています。ざっと眺めていても出展各社によって特色がある。トヨタ、日産、ホンダ、といった企業はわりとおとなしめでマジメな雰囲気の女性や衣装。スズキやヤマハ、三菱、スバルなどはショーアップされて楽しく、ブリヂストンなどタイヤ各社やALPINEなど装備系はキャンギャルスタイル。ベンツやBMW、ポルシェ、ミニなどの外車系は派手派手、といった感じ。いすゞは毎回趣向を凝らすんだが、今回は衣装がコスプレで目立ってました。
_MG_7657
IMG_2706
※コスプレ路線のいすゞ。前回(下)レトロなバスガイドは今回(上)大正ロマン風の衣装で登場。

clicccar
景気が良くなるとコンパニオンはミニスカートへと実感【東京モーターショー2013】


粗大ごみ回収を安く済ませるには、引っ越しする直前に慌ててやっているようじゃダメ
見て歩く者 by 鷹野凌
家電やパソコンを捨てるのは大変です。その面倒くささを考えると、ついついベランダに積んで放置してしまう。特に、パソコンのハードディスク内の情報をどうするか悩ましい。雨ざらしなので、もう起動するかどうかさえ怪しい。分解してハードディスクだけ取りだして電子レンジでチンするにもおっくう。このブログでは、情報を「消去処分」してくれる業者がいるらしいんだが、探せばいろいろな業者がいるもんです。まあ、パソコンなどのIT製品はレアメタルの「宝庫」なのでペイするんでしょう。ただ、行政に頼んで処分してもらうのが、結局はいちばん安上がりだったらしい。師走でそれどころじゃないかもしれませんが、年末の大掃除で試してみたらいかがでしょうか。

2014年冬季(新春)開始の新作アニメ一覧
Gigazine
テレビのアニメ番組ってのは、もうウンザリするほどたくさんあります。オッサン世代はまだ会社で残業してたり、帰宅して寝ちゃってる時間に放映されることが多く、さらに地方局とかテレ東とか、あまり選択しないテレビ局のものもあるんで、オッサン世代にあまり知られることはない。しかし、どんな作品があるのかくらいは「社会的常識」として知っといたほうがいいでしょう。しかし、こうやってみると東京都が出資しているTOKYO MX(東京メトロポリタンテレビジョン)って、ほとんどアニメ専門チャンネル化してますね。

iPhoneを手帳にするなら「おまけ」があってもいいじゃないか
W&R : Jazzと読書の日々
紙の手帳の後ろのほうにくっついてる「付録」めいた「おまけ」をデジタル手帳で探す、というブログです。時候の挨拶とかサイズ変換、花言葉など、ネットで調べる気になれば簡単なものがデジタル手帳についている。この発想、スマホというのは「電話」ではなく「手帳」だから、というわけです。

若山夫婦はなぜこの時期に逮捕? 渦中の舞台女優がブログで報復予告か【芸能界薬物汚染】
日刊ナックルズ
人気商売は浮き沈みの激しい世界です。芸能界も同じで昨日までちやほやされてたのが、手の平を返すように冷遇されたりする。さらに、テレビやラジオを含めて人前に出るというのは神経を削るような作業です。そんな環境で精神の均衡を保つのは大変。とはいえ、薬物に手を出してはいけませんな。芸能界は、ヤクザなどの反社会的勢力が周辺にうろついている業界でもあり、繁華街でも誘惑が多いでしょう。酒井法子や押尾学の事件からしばらくたち、自公政権が安全運転を続け、ほとぼりが冷めた頃にまたぞろこんな話題です。


アゴラ編集部:石田 雅彦(写真も)


アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑