ビットコイン型証明サービス「Proof of me」

2014年09月26日 17:58

proofofme_logo_top

ビットコイン証明サービス「Proof of me」

ビットコインは、投機的なお金としての側面ばかりが理解されているが、その最大の発明はブロックチェーンという非中央集権で管理しながらも偽造が不可能な記録にある。

ブロックチェーンに記録するのが金額であれば、それはお金となるが、もっと別のものを記録してもよい。その記録を拡張していって、もっと広範囲のものを証明しようというのが、ブロックチェーン型の証明だ。

いままでの証明は、必ず第三者の権威(オーソリティ)によるものしかなかった。政府機関などのハンコというのはそれだし、公証役場の証明もそうだ。デジタル証明の世界でも、結局は、ルートの認証局が信用できるか、という根本の問題にいきつく。

最後は誰かを信用して、そいつのサインが正しいかどうかを受け入れなくてはならない。

オーソリティによる証明では、改ざんや、とりけしもできる。権威が悪意をもっていれば、記録の改ざんは簡単で、ニュースをみればこういうことはそれなりの頻度で起っている。

掲示板なども、管理人が削除すれば、記録を消すことができる。

これに対して、ブロックチェーン証明の場合は、ビットコインと同じ特徴とセキュリティを持つ。

・改ざんが事実上不可能で、改ざんには参加している採掘者の51%以上のパワーが継続的に必要

・P2Pで管理され、記録が分散しており、記録はどこかのノードに残り続ける。全部のノードが同時に消滅することは考えられない

こうした強力な証明手段を提供するのが、ブロックチェーン証明だ。

これは、現時点でもっとも強力で改ざん不可能な証明を提供するもので、世界のどんな権威も、どんな政府も、これを改ざんしたり取り消すことは事実上不可能である。

もし、貴方が世界を揺るがす秘密をもっていて、それを安全にリークしたいのなら、新聞社に話をもちかけるのではなく、ビットコインのネットワークにブロードキャストするほうが確実だ。

前説がながくなったが、この証明機能を、簡単に使えるようにしているサービスが、Proof of meというものでリリースされている。日本での最初のビットコイン証明サービスである。

現在、シンプルメッセージ機能がリリースされており、120文字(アルファベット)または40文字(日本語、中国語など)の文字列を証明するものだ。任意の文字列を入力することができ、メッセージを記録することができる。

もちろん文字列であれば制限はないので、ここに何らかのファイルのハッシュ値を登録することも可能だ。そうすることで、そのファイルがその時点で存在することが確実に証明できる。

proof of meでは、あらゆるものを証明するとしており、メッセージや、ドキュメント、あなたがいつ何処にいたかという位置、そして究極的にはその人が生きた証拠としてのDNAを永久に記録することを目論んでいる。

興味があるひとは、facebook groupでも活動しているので、参加してみるとよい

https://www.facebook.com/groups/proofofme/

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑