40年前に教師不足を解決した田中角栄の手法に学ぶ

2016年03月21日 21:40
gakkouzouka
「教師不足」を解決した田中角栄の手法とは?(AC写真より、アゴラ編集部)

 


保育士の低い給与によって、保育士が不足し、保育園がつくれない状況が都市部を中心に発生しています。

有効求人倍率は全国平均で1.7倍。東京では4.63倍という大変な状況に。

 

スクリーンショット 2016-03-12 10.24.08.png

 

一方で、保育士の平均月給は20.7万。全産業平均よりも10万円低い状態です。

 

さて実はこれに酷似した状況は、過去にもありました。

 

時は1970年代初頭。高度経済成長によって民間給与が上昇し、相対的に小学校と中学校の教員給与が低くなってしまい、教員不足の懸念がクローズアップされました。

 

ここで1972年に、自民党の田中角栄内閣が誕生します。田中角栄は教師の給与引き上げを心に決め、総理の支持を得た文教族議員(文教政策に思い入れがある議員)が奔走します。

 

結果として、1974年、「人材確保法」が成立。5年間で3回にわたって段階的に改善されていき、25%ほどの給与改善(一般公務員よりも高い水準へ)が達成されたのでした。

 

スクリーンショット 2016-03-21 14.37.15.png

 

それ以来、小中学校の教師が不足したことはありません。
自民党が行うことは明確です。田中角栄元総理の英断を範に、「平成の人材確保法」を制定し、保育士給与の引き上げを行えば良いのです。

 

それによって、保育士不足を是正し、保育所数を増やし、一億層活躍社会を創っていけば良いでしょう。安倍総理には、田中角栄に並ぶ偉業を達成して頂きたいと、切に願っています。

 

参考資料:
「人材確保法」の成立過程 丸山和昭 http://bit.ly/1T3TDZn
人材確保法について-文部科学省 http://bit.ly/1MwuZtF
komazaki-profile

編集部より:この記事は、認定NPO法人フローレンス代表理事、駒崎弘樹氏のブログ 2016年3月21日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は駒崎弘樹BLOGをご覧ください。

タグ:
駒崎 弘樹
認定NPO法人フローレンス代表理事

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑