日本のトップ1%の保有資産の割合は、どれくらい?

2016年04月04日 06:00

6205377977_df38c680bb_z-640x360

米大統領選の民主党候補でNY出身のバーニー・サンダース氏、最近では党員集会で3連勝し巻き返しつつあります。アイオワ州での党員集会で予備選の火蓋を切った2月には選挙資金を4350万ドル集めクリントン候補の3010万ドルを超え、3月には4400万ドルに達しました。平均寄付金額はたった27ドルで200万人が提供したといいますから、草の根運動ここに極まれりといった感があります。

そのサンダース候補、若手層を中心とした有権者のハートをつかんだ勝因のひとつに、格差問題に焦点を置いた公約が挙げられます。ウェブサイトでも、ぬかりなく徹底的にカバーして問題提起しているんですね。例えば、こちらをご覧下さい。

税金支払い前の所得で、トップ1%が占める割合は22.83%と世界恐慌以来の水準に。

20150817_Charts_1-1

トップ0.1%が保有する全米資産の割合は20%を超え、下位90%に匹敵するまでに上昇。

20150817_Charts_2-2
(出所:berniesanders.com)

ここまで明確な数字を提示されれば、黙っていられない有権者が出て来てもおかしくはありません。

では、日本の場合はどうなんでしょうか?

エコノミスト誌がクレディ・スイスが集計した数字を元に報じたところ、インドは年収の上位1%が同国全体の資産のうち25.7%を、スウェーデンは24%を、スペインは16.5%占めています。日本は・・・4.3%!米国その他と比較して、かなり低いんですね。日本でも格差社会が問題視されていますが、これ以上拡大すれば日本でもサンダース氏のような候補者が脚光を浴びるのでしょうか?

(カバー写真:Andra MIhali/Flickr)


編集部より:この記事は安田佐和子氏のブログ「MY BIG APPLE – NEW YORK -」2016年4月3日の記事より転載させていただきました。快く転載を許可してくださった安田氏に感謝いたします。オリジナル原稿を読みたい方はMY BIG APPLE – NEW YORK –をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑