(書評)世界ナンバーワンの日本の小さな会社

2016年09月05日 13:20

国産養殖ブリではなく「長島の鰤王」として並べられるか、国産じゃがいもではなく「長島の赤土じゃがいも」として選ばれるか、・・・地元の収益を拡大し、後継者を育成するため、地域のブランドづくりについて日々、試行錯誤しています。

そのような中、参考になる本を2冊読みました。元小田急百貨店商品統括部マーチャンダイザー山本聖さんの『地元で愛され全国区へ 東京で勝てるブランドのつくりかた』、そして『世界ナンバーワンの日本の小さな会社』

_AC_US300_QL65_
_SX343_BO1,204,203,200_

ソメスサドル、洞爺湖サミットで各国の首脳夫妻にソメスのカバン・バッグが贈られたことでその名が知られるようになった馬具・革製品メーカーの社長から、山本さんが引き出した言葉が特に印象に残ります。

ターゲットのど真ん中にはまる商品は売れません。いままで数々の失敗経験を経てたどり着いた、私の結論です。」

ブランド品と日常の食料品ではもちろん考え方が違いますが、マトリックス分析やその思考過程をたどること、そして百貨店のバイヤーが何を望むのかなどとても参考になりました。

簡単に読める本ですので、一度読んでみたらいかがでしょうか。

世界ナンバーワンの日本の小さな会社
山本 聖
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
2016-07-26


最近の厳選書評はこちら
混ぜる自治体で読む『混ぜる教育』(崎谷実穂、柳瀬博一 (著))

18歳選挙権で改めて読みたい下村健一さんの『10代からの情報キャッチボール入門 使えるメディア・リテラシー』

唐池恒二さんの『鉄客商売 JR九州大躍進の極意』で改めて感じた「コンセプト」と「ネーミング」の重要性

(書評)東川スタイル このまちの”ふつう”はふつうではない

公務員ほど挑戦しやすい環境はない!!円城寺雄介さん『県庁そろそろクビですか?』

地方創生のヒントが全てここにある!『小さい農業で稼ぐコツ』(西田栄喜著)

DSCN5393

<もっと長島大陸と関りたい!
《買いたい》
●大陸の素晴らしいものを直送します。「長島大陸市場」
http://nagashimatairiku.com/

●かっこいい長島をお届けしたい!長島大陸食べる通信。
11982656_10201024966662776_1241284230_n
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68480758.html

《支援したい》

●デイサービス「達者の家」竹ぼうきプロジェクト
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68556558.html

《参加したい》
●地方創生の象徴:食べる通信」編集会議に参加してみませんか。
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68538693.html

●9月6日(火)東京都心で、地方創生の検証はじめちゃいます。
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68571261.html

《住みたい》
●集え!大学生~できるまで帰れません!
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68537755.html

●田舎暮らしはキャリアアップ!長島大陸で働く仲間を募集中。
 http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68471295.html

次回は9月7日(水)開催。地域力おっはークラブ。
DSCF1066

<井上貴至(長島町副町長(地方創生担当)プロフィール>
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68458684.html

公私一致」という働き方
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68507744.html


編集部より:この記事は、鹿児島県長島町副町長、井上貴至氏のブログ 2016年9月5日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は井上氏のブログ『「長島大陸」地方創生物語~井上貴至の地域づくりは楽しい~』をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑