ジャンヌダルクは火あぶりにしてはいけない

2017年10月21日 19:00

都庁サイトより:編集部

お天気のせいもあってなんだか盛り上がらない総選挙だ。しかし今回の総選挙はあのへたれの(モリカケすらろくに追及できなかった)民進党がついに解体され、健全な野党勢力形成のきっかけになるという意義があると思う。功労者は枝野さん、前原さん、小池さん、そして松井さんだろう。なんだかんだ言ったってリスクをとって小さくてもアンチ自民の政党を旗揚げする政治家を私は尊敬する。

それにしても民主党(民進党)の解体は遅すぎた。我が国は不良債権の処理に時間がかかり過ぎる国だが、”政治的不良債権”の処理でも時間がかかり過ぎた。あれだけの失政をしでかした民主党が名前を変えただけで居座り続け、安保法制でも経済でも外交でも”霞が関安倍連合政権”に対するオルターナティブを打ち出せなったのは、まことに残念だった。それがようやく、すっきりしそうだ(ちなみに私は政党間の健全な緊張関係の欠如を問題視。安倍さんの政策のすべてに反対するわけではない)。

それにつけても良かったのは小池さんの排除の論理と枝野さんの登場である。小池さんの排除の論理発言は、選挙戦術的には失敗だったといわれる。確かにそうかもしれない。だが安全保障のような大事な政策をうやむやにした野党第一党ができ、政権を取ってしまっていたらもっと大変なことになっていただろう。言い方が上から目線だとか、排除される人たちが可哀そうといった情緒論は横に置き、コトの本質をみれば、あそこで排除の論理がでてきたのは、むしろ誠実な政治姿勢というべきではないか。

それに対して誠実に対応した枝野さんも立派だし、前原さんも素晴らしい。国有地の契約経過すら隠し続ける政権与党のスタンスに比べれば、政治姿勢をはっきりさせ、国民に嘘はつかないという彼らの姿勢は、立派ではないか。

小池都政の業績

小池さんは、急に批判され始めた。一部にみられる人格攻撃はよくないが、政治姿勢への激しい批判自体は私はある意味、当然の展開だし健全だと思う。なぜなら希望の党を作った時点で、彼女は現政権へのパワフルな挑戦者となった。ご自身が総理になるか否かはさておき、自治体の長たる知事から国政上の挑戦勢力(政敵)となった。ならば、既得権益勢力から敵視され、誹謗中傷されるのは当然だろう。メディアも厳しくチェックする。

たまたま私は橋下さんとも長く仕事をしてきたが、例の慰安婦発言の時もそうだった。メディアも与党も手のひらを返したように厳しい橋下バッシングを行った。だが橋下さんはそれに耐え、鍛えられ、政治家としてさらに大きく成長していった。

今回の小池さんもおなじことだろう。民主主義国家のマスコミは権力に対し、理不尽であり、容赦ない。マスコミが手のひらを返すように小池バッシングをしたのは、(個人的には残念な展開だったが)大きな意味では健全な反応といえるのではないか(もっとも、政治評論家や長老の発言を見ていると女性総理誕生の可能性への反発、男の嫉妬、女性へ偏見のようなものも混じっているような気がするが、それも通過儀礼として飲み込んだだうえで・・)。

ところで小池さんは、マスコミがいうようなメディア使い、魔法使い(サリー)なのか?確かに話は上手だ。しかし、もとキャスターだから当たり前である。機を見るに敏?それが何か?いったい悪いことなのだろうか。どんと構えた、はくさいのような政治家を好む向きがおられるはわかるが、いまどき、わが国の政治家は機敏でなければ困る。世界は邪悪にできている。ふつうの日本人のようなお人よしでは世界と渡り合えない。機敏な女性政治家が増えるのは日本にとって良いことではないか?あの「排除の論理」も実は政治的誠実さ、プロの矜持の表れであり、そもそも批判すべき発言か大いに疑問である。

こうしてみると今起きている事の本質は、小池さんのことが好きか嫌いか、でしかない気がする。要はステキと感じるか、イヤな感じと思うか。

こうした情緒的要素をさておき、小池都政の評価を客観的にやってみるとどうなるか。
私は極めて高い点数をつけていいと思う。

そもそも都政は大混乱にあった。過去2人の知事が続けて辞めた。しかも政治とカネの問題がらみで、任期を全うせずにやめた。そして真偽はさておき、都議会与党(当時)のドンにまつわる疑惑報道が相次いだ。五輪の建設費の膨張問題、豊洲市場へのの5800億円にも上る投資への疑惑など、都庁は疑惑のデパートだった。

小池さんはこうした疑惑を解明したいと選挙公約で宣言し、実際に就任後、大車輪の働きでこの2大問題の解明に取り組んだ。

その結果、豊洲の地下には汚染水がたまっているという驚きの実態が判明し、安全問題が露呈。ぎりぎりセーフのところで開場延期が決まった。もし、小池さんが知事でなかったらたいへんな事態に陥っていただろう。開場後に問題が露呈するという大混乱が未然に防げてしみじみよかったと思う。

オリンピックの会場見直しも同様だ。調べてみたら国際水泳連盟の会長ですら座席数が多すぎるという杜撰なプールの建設計画を見直した。IOCですら「高すぎる、何かおかしい」と明言するほどの豪華施設がどんどん建設されようとしていた。

それに待ったをかけ、見直しをさせるのは並大抵の仕事ではなかった。なにせ2020年夏という期限が切られている。国際競技団体との折衝も必要だ。調査チームは「このままだと3兆円越えすらあり得る」という調査結果を世界に発信した。知事と調査チームはギリギリのタイミングだったがIOCと直談判し、国際世論にもリスクを訴えかけた。そして、ついに総費用の抜本見直しにこぎつけたのは知事就任後、わずか3か月後のことだった。

こうした見直しの動きを都民は支持、、都議選では都民ファーストが圧勝した。こうした経緯を思い出すにつけ、「表層的な小池人気の崩壊」だの「話がうまいだけ」だのと批判するのは愚かな見方に過ぎるとわかるはずだ。

要は、小池さんが知事に就任していなければ都政は、ますますの大混乱に陥っていた。豊洲市場は機能停止し、当然、五輪の準備も遅れたはずだ。そうした危機を短期間にうちに封じ込め、課題を白日のもとに晒した小池氏の業績は大きい。たぶん、ジャンヌダルクのような役割を果たしたといってよい。

もちろん、こうした急な見直しの経過に疑問符をつける人たちもいる。しかし、多くは見直しの過程で既得権益を失った人々である。あるいは単に改革ということの実務的意味がわからない批評家、そして改革であれ何であれ、深く物事を考えたくない、毎日平和に暮らしたいだけの一部の議員や職員である。

真の改革に波乱はつきものである。波乱万丈、いろいろなことが起きるし、失敗もある。だが、その担い手を批判するのはよくない。そこには進歩は生まれない。

だから私はいいたい。前原さんも枝野さんも小池さんも松井さんもみんなえらい。現状維持を脱し、失敗してもいいからリスクをとった彼らを私はリスペクトしたいと思う。


編集部より:このブログは都政改革本部顧問、上山信一氏(慶應義塾大学総合政策学部教授)のブログ、2017年10月21日の記事を転載させていただきました。転載を快諾いただいた上山氏に感謝いたします。オリジナル原稿をお読みになりたい方は、上山氏のブログ「見えないものを見よう」をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
上山 信一
慶應義塾大学総合政策学部教授

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑