なぜ同じクレジットカードを複数保有するのか?

2018年12月09日 11:30

今年になってから、アメリカンエキスプレスのビジネスゴールドカードに立て続けに加入しました。

自分が経営するそれぞれの会社の法人カードを発行してもらい、それぞれをしっかり利用しています。

同じカードをあえて複数枚作る理由は、入会の特典です。年間で200万円など一定の利用条件を満たすと、現状のキャンペーンでは、最大80,000ポイントプレゼントというメリットがあるのです。

80,000ポイントにどのくらいのメリットがあるのでしょうか。カードのポイントは、マイルを使って航空券に引き換えてみると、その威力を金銭換算できます。

例えば、前回タイに出かけた時は、JALのマイレージでチケット予約してみました。秋の三連休だったので、結構混んでいる時期でしたが、羽田空港からバンコクまでの便で、ビジネスクラスが60,000マイルと燃料サーチャージの18800円だけで獲得できました。

JALのサイトで、同じビジネスクラスのチケットの通常販売価格を調べたら、1番制約の多い安いフライトで購入しても250,880円になっていました。

ここからポイントの価値を計算すると、1ポイント=3.8円となります。

キャンペーンの80,000ポイントは25万円以上の価値があるということです。

このカードの年会費は3万1000円ですから、ある程度のクレジットカードの利用をする人でマイルで航空券を手に入れたい人にとっては、とてもお得な「歪み」になっているのです。

このクレジットカードは資産設計実践会でご紹介して、とても好評ですが、アメリカンエキスプレスの紹介者経由で加入した場合などに限られます。クレジットカードにも、「インナーサークル」の世界が存在するのです。

資産運用に関する有益な情報は、ネット上だけでは得ることができません。インターネットが普及しても、情報の格差というのは無くなることは無いのです。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計19万部となった「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2018年12月9日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
内藤 忍
資産デザイン研究所社長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑