麻生太郎氏から信仰の友・文在寅大統領へ

2019年08月15日 11:30

当方は一時期、安倍晋三首相と文在寅大統領の日韓首脳会談の開催前に、前座として麻生太郎副首相(財務相)と文大統領の「信仰の兄弟の集い」(仮題)を開いたらどうか、と真剣に考えていたが、今は考えなくなってきた。実現性は依然あると信じるが、両国を取り巻く状況はそんな悠長なことを言っている場合ではないからだ。

首相官邸サイト、韓国大統領府サイトより:編集部

麻生副首相(78)も文大統領(66)もローマ・カトリック教会信者だ。キリスト教会信者の間では「兄弟」と呼べる関係だが、両政治家の間に文通やツイッターの交流があるとは聞かない。トランプ米大統領と北朝鮮の独裁者・金正恩朝鮮労働党委員長の間でさえ「美しい書簡」の交流が行われているのに、麻生副首相と文大統領の間は音信不通というのでは、同じ信仰を有する政治家としては少々寂しい。

民主主義国では政治と宗教は分離するのを原則としている。宗教者が過去、政治を誤導した教訓があるからだろう。政治家が自身の信仰を吐露したり、自身の信仰の友と公の場で話すことを極力避けるようになったことから、宗教は政治家のアクセサリーに過ぎなくなってきた。

多分、数少ない例外は米国だろう。大統領就任式も聖書の上に手を置いて宣誓する。国が戦争に乗り出す時、大統領はホワイトハウス内の礼拝堂で祈りを捧げ、神に問いかける。自身の命令で多くの若者が戦争で命を落とす危険があるだけに、大統領は真剣にならざるを得ない。例えば、トランプ氏の熱心な支持層には福音派教会がある。堕胎禁止を支持するトランプ氏は教会にとって大きな支えだ。政治家も宗教団体の票を重視する。政治と宗教は米国では少なくとも密接な関係がある。

ところで、日韓両国関係は戦後最悪といわれる。その大部分は反日を掲げて大統領に就任した文在寅大統領の出現からだ。ただし、両国のキリスト教は全く異なっている。信者の数が人口全体の1%にも満たない日本では日曜礼拝は一種のサロンのような雰囲気がある。礼拝後、談笑したり、会食するのが楽しみという信者が多い。神父がミサで語った内容についてじっくりと話し合うことはほとんどない。日本のキリスト信者は幼児洗礼が多いこともあって、神学論争にはあまり関心がない(「日本の信者は教会の教えに無関心」2014年2月23日参考)。

麻生副首相が首相に就任した時、バチカンニュースも「日本の首相にカトリック信者が就任した」と大きく報道し、日本最初のカトリック首相に期待を表明していた。麻生氏自身はミサに参加するより、ホテルのカウンターに座ってグラスを傾けているほうが好きな典型的な平信者だ。

その日本をフランシスコ法王が今年11月、訪問する。日本では広島・長崎の被爆地を訪問し、世界に向かって核廃絶を訴えることになっている。

一方、韓国では国民の30%以上がキリスト信者だという。フィリピンと共にアジアではキリスト教が定着している国だが、韓国のカトリック主義は韓国流のキリスト教だという声がある。イエスの教えが伝道先の民族の歴史、文化、社会の風習と混合していくのは韓国教会だけではない。自然の流れだろう。小説「沈黙」を書いた作家遠藤周作は西欧のキリスト教ではなく、日本独自のキリスト教に強い関心があった一人だ。

さて、このコラムのテーマに入る。麻生副首相には、安倍首相が一国の首相として言いたくても口に出せない本音を、首相に代わって文大統領に進言してほしい。

以下は、麻生副首相から信仰の友・文在寅大統領への進言だ。

①兄弟、文在寅氏、なぜあなたは虚言を吐くのか。日韓歴史を知っている兄弟がその史実とは異なる発言を繰り返す姿を見る度に、嘘を言ってはならないといわれたイエスの言葉を思い出す。

②兄弟、文在寅氏、なぜあなたは国家同士の約束を反故するのか。両民族間の代表が一旦合意した慰安婦問題の日韓合意を無視し、合意後、屁理屈をつけてそれを破棄したのか。たとえ、その内容が神からのものではないとしても、約束を一方的に破ることは正しくはない。

③兄弟、文在寅氏、なぜあなたは反日を武器として日本を批判し、喜々となっているのか。イエスは『汝の敵をも愛せよ』といわれている。文兄弟、あなたはその聖句をご存じのはずだ。そうそう忘れるところだったが、イエスはまた『人を裁くな、自身が同じように裁かれないために』といわれている。ベトナム戦争時、韓国兵士がベトナム人女性に犯した性的犯罪問題が再び表面化してきたのは、イエスのみ言葉を実証している。

少々、文在寅兄弟にはきつい内容だが、イエスのみ言葉を付け加える。

「なぜ、兄弟の目にあるちりを見ながら、自分の目ににある梁を認めないのか。自分の目には梁があるのに、どうして兄弟に向かって、あなたの目からちりを取らせてください、と言えようか。偽善者よ、まず自分の目から梁を取りのけるがよい。そうすれば、はっきりと見えるようになって、兄弟の目からちりを取りのけることができるだろう」(「マタイによる福音書」第7章)。

④兄弟、文在寅氏よ、反日は愛の宗教といわれるキリスト教を信じる信徒にとって相応しくない内容だ。あなたは愛ではなく、憎悪を世界に広げている。今からでも遅くはない。憎悪を捨て、愛の実践者となって頂きたい。

上記の内容を麻生副首相は信仰の兄弟、文在寅大統領にやんわりと語りかけてほしい。文大統領は相手が安倍首相ではなく、同じ信仰を持つ麻生氏からの進言であることを忘れないで、心を広げて耳を傾けてほしい。

当方は昨年、「カトリック信者・文大統領の『信仰』」(2018年12月11日)を書いた。その最後に以下のようなことを述べた。現時点では、それに付け加えることはない。

「『イエスの教え』を完全に実践することは誰にとっても容易ではないが、『イエスの教え』を完全に否定するような言動は慎むべきだろう。それは神への冒涜だからだ。文大統領が相手を糾弾する前に自身の過ちを正すならば、同大統領の南北融和政策は必ず神の祝福を受けるだろう。さもなければ、南北融和政策は悪用され、韓国を一層カオスに陥れることになるだろう」

ウィーン発『コンフィデンシャル』」2019年8月15日の記事に一部加筆。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑