GEPRが更新されました

GEPRが更新されました。
アップデートされたコンテンツは、

  • GEPR編集部「原発、国民的合意を作れるか? — 学生シンポジウムから見たエネルギーの可能性」

  • 池田信夫「バランスの取れたエネルギー政策 書評『Energy for Future Presidents: The Science Behind the Headlines』」
  • GEPR編集部「今何が起こっているのか? エネルギー政策の現状整理 — 政策混乱、不透明感増す」
  • 池田信夫「低線量被曝で発癌率は下がる」
  • GEPR編集部「対話の先に原発をめぐる合意はあるのか?」
  • などです。


    GEPR(グローバルエネルギー・ポリシーリサーチ)は、日本と世界のエネルギー政策を深く公平に研究し、社会に広く提言するために設立されたウェブ上の「仮想シンクタンク」です。アゴラ研究所が運営し、エネルギー問題についての研究、調査、インターネットでの情報提供、シンポジウムの開催、提言の作成、書籍の出版などを行っています。