法案・予算案勉強会「完全オンライン化」でペーパレス・負担軽減が進むはず!

2021年01月26日 14:00

こんにちは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

通常国会でも本会議や委員会のオンライン化は進まないものの、オンラインでの質問取り(議員と官僚側の質疑調整)が普及するなど一定の進展を見せています。

「質問取り」はオンラインで 維新が決定 コロナ禍で広がる動き(産経新聞)

ipopba/iStock

その中で、手前味噌ながら我が党がもっとも進んでいるのが法案や予算案の勉強会に関するオンライン化です。

やり方に多少の差異はあれ、どの党も国会議員団やあるいは部会単位で、提出予定法案や予算案の勉強会を行っているはずです。

これには当然、説明者として各省庁から官僚が出席されるわけですが、これが大変。

法案や予算案にかかわる官僚が上から下までズラッと並び、出席者分の資料を印刷して用意し、タイムスケジュール通りに進まなければ廊下で何十人もの官僚が待機…

というのが、議員会館でも見慣れた光景になっていました。

そこで維新は、これらの勉強会を今年から完全オンライン化いたしました。

オンラインを使って出席者を減らす試みは他党もやられていると思いますが、議員・官僚両サイドともに完全オンライン化をしているのは、たぶん我が党が初めてのはず…(違ったらご指摘ください)。

資料はデータで事前配布、画面共有で完全ペーパレスになるし、官僚の皆さまの移動・待機時間もなくなるので合理的。

本日はオンラインということもあってサクサク進んでしまい、時間変更をお願いしてご迷惑をおかけするケースもありましたが、概ね問題なく実施できています。

画面の向こうの各省庁の皆さまも、小部屋から中継されているところもあれば、大きな会議室に役職者が(密にならない程度に)集まっているところもあり、個性がわかって興味深いですね…!

本丸である国会審議のオンライン化はまだ遠いですが、周辺部から議員・政党単位でできる努力はしっかりと続けていきたいと思います。

それでは、また明日。


編集部より:この記事は、参議院議員、音喜多駿氏(東京選挙区、日本維新の会)のブログ2021年1月25日の記事より転載させていただきました。オリジナル原稿を読みたい方は音喜多駿ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
参議院議員(東京選挙区、日本維新の会)

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑