CO2ゼロのための禁止リスト!あなたは耐えられますか?

イギリスも日本と同様に2050年にCO2をゼロにすると言っている。それでいろいろなシナリオも発表されているけれども、現実的には出来る分けが無いのも、日本と同じだ。

katerina_Simonova/iStock

けれども全く懲りることなく、シナリオが1つまた発表されたが、これはもはや爆笑モノだ。

レポートを読むと、まず現時点では夢物語の技術が並んでいる。なんでも電化するとかリサイクルするとか。ここまではもうあちこちで見飽きたので細かくは紹介しない。

傑作なのは「ライフスタイルの変更」だ。

曰く、技術だけではなく、ライフスタイルを変えなければ、CO2ゼロは達成できないそうだ。

それで、並んでいるリストを見ると:

  • 飛行機禁止
  • 船舶禁止

いずれも化石燃料を使うから、まずは禁止しないとダメなんだそうだ。下図の「ロードマップ」で、上から3行目と4行目のところに「進入禁止マーク」があるが、2050年までに飛行機と船舶を禁止するそうだ。

ちなみに電車は許されていて、ユーロトンネルを使って大陸と行き来はできる。

これだけでも恐ろしいが、なんと

  • 肉食禁止

たしかに、いま温室効果ガス排出の3分の1は食料に関するものだといわれ、肉食はとくに温室効果ガスの排出が多い。飼料穀物を大量に必要とするからだ。

トラクター、トラック、食品加工、冷蔵、冷凍など、エネルギーを多く使ってCO2が出る。肥料も農薬も製造時にエネルギーを大量に使う。牛や羊はゲップやオナラをしてメタンガス(これも温室効果ガスの1つ)を出すし、肥料は分解されて亜酸化窒素ガス(これも温室効果ガスの1つ)を出す。

しかしだからと言って、イギリスの国民食である牛肉も羊肉も禁止とは!2050年にはベジタリアンになったイギリス人が、海外旅行も物資輸入もユーロトンネルだけに頼ってほそぼそと暮らすらしい。穴に住むピーターラビットじゃあるまいし。

これを政策にしたら、さすがに暴動が起きるだろうね、きっと。