不適切発言の相馬駐韓総括公使更迭:こじれ続ける日韓関係はどうなる?

韓国メディアとの懇談中に、日韓関係をめぐり文在寅大統領が一人だけで神経戦を行っているという趣旨で「マスターベーションをしている」と不適切な性的表現をした相馬弘尚・駐韓国総括公使を、政府は近く異動、事実上の更迭をする意向です。

政府、相馬弘尚公使を異動へ 不適切発言の反発強まり、事実上更迭 | 毎日新聞
 政府は19日、韓国メディアの取材に不適切な発言をした相馬弘尚・駐韓国総括公使を近く異動させる方針を固めた。政府関係者が明らかにした。「定期的な人事異動」の体裁を取る方向だが、韓国内で相馬氏への反発が強まったことを踏まえた事実上の更迭とみられる。

もともとオリンピック開催に合わせて首脳会談を実現させるため、日韓外交当局が調整を行っていました。その中で起きた今回の事件でした。

その表現に対しては、非難が出ています。

菅首相のグリップがあらゆる方面で効いていないと指摘する意見もあります。

日韓関係の行き詰まりを象徴しているという声もあります。

公使は韓国政府からしばしば呼び出し受けており、大使とも板挟みで、いろいろストレスがたまっていたのでしょうか。

【写真】韓日対立局面ごとに外交部に呼ばれた相馬弘尚総括公使
中央日報 - 韓国の最新ニュースを日本語でサービスします

記者目線では、オフレコの取り扱いに関してこんなコメントも。

 

今回の公使発言の問題発覚後、韓国大統領府は「首脳会談で成果を出すには依然として不十分だ」などとして、文在寅大統領の訪日を見送ると発表しました。

韓国 ムン大統領 五輪開会式にあわせた訪日 見送ると発表 | NHKニュース
【NHK】韓国大統領府は、ムン・ジェイン(文在寅)大統領が東京オリンピックの開会式にあわせて検討していた日本訪問を「首脳会談で成果…

北朝鮮核ミサイル問題や、拡大路線をひた走る中国への対応など、東アジアの平和・安定のために韓国と険悪な関係にあり続けるのは、安全保障の観点からもマイナスであることは自明です。

混迷を極め、解決の糸口がみえない日韓関係。韓国との関係改善の糸口は、来年行われる韓国大統領選挙を待たなければならないのでしょうか?