巷で話題のイベルメクチンって何?その効果と安全性は?

アゴラ編集部

厚生労働省の山本史官房審議官は18日の衆院内閣委員会閉会中審査で、イベルメクチンを新型コロナウイルス感染症の患者を対象にするために「治験結果踏まえ迅速審査をする」という答弁を行いました。

お探しのページが見つかりませんでした| 東京新聞 TOKYO Web
東京新聞の総合ニュースサイト。首都圏・関東地方のニュースと生活情報を中心に、様々な地域情報を提供します。

さて、巷で話題になっているこの「イベルメクチン」とは一体何なのでしょう?

RapidEye/iStock

イベルメクチンとはノーベル賞学者・大村智博士が米製薬会社のメルク社とともに開発した抗寄生虫薬です。

今年3月から新型コロナ感染者が急増し大混乱に陥ったインドで、実際にイベルメクチンを治療・予防に使った結果、5月に入り感染者数が急速に減少。南米のペルー・ブラジル・パラグアイなども、新型コロナ感染者向けにイベルメクチンを配布しています。

東京都医師会の尾崎治夫会長は、イベルメクチンの日本国内での使用を強く訴えています。

「今こそイベルメクチンを使え」東京都医師会の尾崎治夫会長が語ったその効能 : NEWS特集 : 記事・論考 : 調査研究
POINT ■イベルメクチンが新型コロナの予防にも治療にも効果があるという論文が相次いで発表されているが、すでに「使用国」とされている日本では使用が進んでいない。 ■感染爆発が進む今こそ使用すべきだが、使おうにもイベルメ

一方で、WHOやNIH(米国立衛生研究所)などの世界のメジャーな保健機関は、

世界中の科学者を納得させるだけのエビデンスを示した臨床試験結果は出ていない。

COVID-19患者の治療にイベルメクチンを使用することに関する現在のエビデンスは決定的ではありません。より多くのデータが得られるまで、WHOはこの薬剤を臨床試験内でのみ使用することを推奨しています。

という見解を維持しています。

そもそもイベルメクチンは獣医の間ではとても重要な薬です。

ヒトも含めて、本来の目的に使用する分が不足する懸念やデメリットも。

まだまだ分からないことが多いようです。

https://twitter.com/profidokamdphd/status/1427308446286635008

新型コロナ感染症に、はたしてイベルメクチンは安全で有効なのか?

イベルメクチンの効果や安全性を調べる臨床試験の結果が待たれます。