NHK BS1スペシャル「河瀬直美が見つめた東京五輪」で捏造疑惑

NHKは、昨年12月30日に放送したBS1スペシャル「河瀨直美が見つめた東京五輪」の字幕に不確かな内容があったとし謝罪しました。

NHK BS1スペシャル「河瀬直美が見つめた東京五輪」

番組のなかで、五輪反対デモに参加したという男性が「実はお金をもらって動員されていると打ち明けた」という字幕がつけられています。放送後、視聴者からは「印象操作だ」との疑いも声が上がり、NHKに批判の電話が寄せられたことから、NHKは男性に再度確認したということです。

NHK大阪拠点放送局 河瀬直美監督に密着の「五輪ドキュメンタリー」で謝罪…捏造は否定(東スポWeb) - Yahoo!ニュース
 NHK大阪拠点放送局は9日、昨年12月26日に放送(30日に再放送)されたNHK BS1スペシャル「河瀬直美が見つめた東京五輪」を巡る問題について会見を開き、謝罪した。  同番組は、来年6月公開

この男性は、これまで複数のデモに参加して現金を受け取ったことがあり、五輪反対のデモにも参加してお金を受け取る意志があると述べていましたが、実際に参加していたかどうかをNHKとしては確認していなかったそうです。その後確認した結果、男性は「五輪反対のデモに参加はしていない」と言っているようですが、記憶はあいまいで、NHKとしては確認できていないと述べています。

そして、NHKの担当者の確認が不十分だったと説明し、謝罪しています。

この報道に対して、五輪開催賛成・反対にかかわらず厳しい意見が百出しています。

裏取りもせずに結論ありきで放送してしまうとなると、報道機関としてのNHKの中立性や存在意義が問われかねません。

河瀬直美監督は「(五輪招致したのは)あなたも私も問われる」と同番組内で発言し、一部ネット界隈では「#五輪を招致したのは私達ではありません」と炎上していました。

河瀬直美監督に“ヒトラーの協力者”継承の懸念「五輪を招致したのは私たち」発言でバッシングの嵐(日刊ゲンダイDIGITAL) - Yahoo!ニュース
 映画監督の河瀬直美氏(52)が総監督を務め、ことし6月に東宝配給で公開となる公式記録映画「東京2020オリンピック(仮)」。河瀬氏は、1964年東京大会の記録映画を手掛け、ドキュメンタリーにこだわ