企業倒産は57年ぶりに最少。バラマキ財政で「国有化」される日本

コロナ不況で企業倒産が激増…かと思うと、2021年は57年ぶりに最少でした。

この原因は、数十兆円の休業補償がばらまかれたおかげです。特に無利子・無担保のゼロゼロ融資は、自民党議員が選挙区に金をばらまく強力な武器です。

持続化給付金の次の事業復活給付金も、参院選に向けて活用されています。

失業率も、コロナ前より下がっています。

この原因は雇用調整助成金。社内失業した人の給料を補填するしくみです。

要するに設備も人も稼働していないのに、税金だけが注ぎ込まれるわけです。

実態はガラガラの店やホテルが増えています。

これだけばらまいても、日本のGDPはコロナ前に戻りません。一人当たりGDPは、まもなく韓国や台湾に抜かれます。

今年は日本経済が国有化されて「新しい社会主義」が始まる年になるかもしれません。