【速報】日銀が政策決定会合の結果を公表:量的緩和は継続、円安は許容

先進国の主要な中央銀行は、金融を引き締める方針をつぎつぎに打ち出しました。FRBは0.75%という大幅な利上げを決めました。イングランド銀行も引き続き利上げを決めています。スイス中央銀行は市場予想に反して利上げに踏み切りました。

主要6カ国の中央銀行のうち利上げをしていないのは日本銀行だけとなりました。そのため、今日(17日)に公表される金融政策決定会合に注目が集まっていました。

日銀 大規模な金融緩和策の維持を決定 金融政策決定会合 | NHK
【NHK】日銀は、17日まで開いた金融政策を決める会合で、今の大規模な金融緩和策を維持することを決めました。また、決定内容の公表文…

日銀は金融政策を決める会合で、今の大規模な金融緩和策を維持することを決めました。また、決定内容の公表文にリスク要因として「金融・為替市場の動向やわが国経済・物価への影響を十分注視する必要がある」と明記し、さらに長期金利の上昇を抑えるため実施している、指定した利回りで国債を無制限に買い入れる「指値オペ」と呼ばれる措置について、毎日実施する対応を継続することも決めました。

日銀・黒田総裁 日本銀行HPより

スイス中銀の利上げの動きはサプライズでした。

「スイス・ショック」で円高株安!世界の市場は大混乱
世界のマーケットは、スイスの利上げというサプライズで、きのうから大混乱です。スイス中銀は政策金利をマイナス0.75%からマイナス0.25%に上げ、スイスフランは急上昇。 スイスと同じく利上げしないでがんばっていた日銀もYCC(...

 

日銀や政府の動きには深刻な矛盾があるという指摘があります。

米国株はまた急落し、リスクオフ(投資先をリスクの低い金融商品(安全資産)に移すこと)の動きが広がっています。

13日には長期金利が0.255%とYCCの上限を上回りました。指値オペも限界が見えてきていました。YCCを放棄すれば、日銀に含み損も出ます。

ジョージ・ソロスとBOEの英ポンド通貨攻防のようにはならないとの指摘もあります。

 

いよいよ打つ手がなくなり、チェックメイトが近づいてきた感がありますが、これから国民生活はどうなるのでしょうか。いよいよほんとうの意味で自己責任が問われる社会になっていきます。