同性婚の不受理は憲法違反?

同性の結婚が認められないのは憲法に反するとして争われた訴訟で、大阪地裁は違反がないと判断し、原告の請求を棄却しました。

“同性婚 認められないのは憲法に違反せず” 大阪地裁 | NHK
【NHK】同性どうしの結婚が認められていないのは憲法に違反するとして同性のカップルが国に賠償を求めた裁判で、大阪地方裁判所は憲法に…

東京、大阪など全国5地裁で同時多発的に争われています。

大阪地方裁判所 Wikipediaより

憲法学者によると、今回の判決は評価できるそうです。

憲法の文言に問題があるのだから憲法改正に議論が行かないのは不思議だという意見もあります。

裁判所がいつものようにテキトーな解釈ですり抜けなかったのはよかったという指摘もあります。

護憲と同性婚の認定は複雑に絡みあっているようです。

憲法における同性婚の法的解釈はいろいろありますが、憲法学者の素直な読みかたは、法的なトレーニングを受けていない人にはなかなか難解です。

自民党でなくなれば、選択的夫婦別姓も同性婚も実現可能だそうです。政権は、同性婚の件に関しては裁判所をがっちりとコントロールできているのでしょうか。

法律論と社会のあるべき論の論点が整理されないまま、議論が進んでいるようにも見えます。