辛坊治郎氏が「電力不足は太陽光発電で解決する」と断言してネットは騒然

関西ではテレビやラジオでおなじみの辛坊治郎さんが、急に太陽光発電の推進派になって、大反響を呼んでいます。

コメントは100%批判ですが、これに本人がツイッターで反論。

これは「東電管内の稼働可能な原発」を「太陽光発電の最大出力」と比較し、問題を巧妙にごまかしています。

この図を見ればわかるように、いま東電管内で動いている原発はゼロで、太陽光はピーク電力の3割にもなりません。圧倒的多数の電力は火力なのです。

辛坊さんは「蓄電すればいい」といいますが、産業用蓄電システムのコストは9.8万円/kWhと、発電の1万倍

その太陽光のコストは、毎年2.7兆円の再エネ賦課金でまかなっていることを忘れて「土下座しろ」などとドヤ顔でいわないでほしいものです。